LIFULL保険相談



医療保険は何歳から加入できますか?

子供が生まれると、親にとって悩みの種となるのは医療保険でしょう。
何歳から加入できるのか、また何歳から加入させればいいのかなど、考えることはたくさんありますが、子供を保険に加入させた経験がない人は右も左も分かりません。
そこで今回は、子供の医療保険加入についてどのように考えたらいいのか、初心者の方に参考になる情報を紹介していきます。

子供が加入できる年齢について

まず、子供が医療保険に加入できる年齢について確認しておきましょう。
医療保険のことをよく知らない人は、3歳や4歳など、ある程度大きくならないと子供は加入できないと思ってる人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。
医療保険では、子供は0歳3ヶ月から加入することができます。

定期保険の場合は満6歳ですが、通常の保険では0歳3ヶ月なので、ほとんど生まれてすぐ加入資格が与えられることになります。
なお、加入できる期間は、通常の保険でも定期でも満89歳までとなっています。

ちなみに、赤ちゃんが保険に加入する場合はまだ文字が書けないので、その場合は告知については親が代筆することができます。
赤ちゃんじゃなくても、15歳未満の被保険者であれば、同じように文字が書けない障害がある場合、親や後見人による代筆が許されています。

さて、生まれてすぐ子供が医療保険に加入できることは、何を意味するのでしょうか。

これはすなわち、子供が生まれたらすぐ、あるいは生まれる前から、親が子供の医療保険について考えておかなければならないことを意味しています。

子供の保険加入は早いほうがいい?

親は子供が何歳から医療保険に加入できるかだけでなく、何歳から入ればメリットがあるのだろうかという点についても考えておくべきです。
実際、何歳で加入するかによって、将来的な負担やメリットはだいぶ変わってきます。

この点を考えるためには、次の二つのポイントを知っておく必要があります。

一つは、保険料払込終了までに払う金額の合計は、加入がいつであっても大体変わらないということです。
つまり、0歳から入っても、5歳から入っても、満期まで払う合計がそれほど変わらないということになります。
もう一つ覚えておきたいポイントは、年齢が若いほどに、月々に支払う保険料は安くなるということです。

さて、この二つのポイントを考えるとき、どんな結論が導き出されるでしょうか。

それは子供の医療保険、特に終身医療保険については、なるべく早く加入したほうがいいということです。

なるべく早く、できれば生まれてすぐ加入することで、保険料負担を軽くすることができます。


LIFULL保険相談



関連記事

  1. ガンに化学療法は有効か?医療保険と化学療法について

  2. 後期高齢者医療制度の問題点

  3. クーリング・オフ制度が使える期間は?

  4. 入院給付金は海外で入院した場合でも保障されますか?

  5. 医療保険でがん・ケガについても保障されますか?

  6. 指定代理請求特約への加入は必須か

PAGE TOP