LIFULL保険相談



セカンド・オピニオンとは?

医療関係のテレビや雑誌、ニュースなどを見ているとよく目にするようになったのがセカンド・オピニオンです。
そもそもセカンド・オピニオンとはどのようなもので、どう活用していけばいいのでしょうか。

セカンド・オピニオンとは?

セカンド・オピニオンは患者が自分から納得できる治療法を選択するため、今診療を受けている医師とは違う医療機関の医師に、現在の治療の状況や次の治療選択などを広げるために違う意見を求めていくことを言います。

つまりセカンド・オピニオンを受けて別の病院の治療方針のほうがいいと思ったら別の病院に転院したり、治療を受けることができるのですが、まずは別の医師に話を聞く、それがセカンド・オピニオンのあり方です。

治療するに当たり大切なことは最初に診察を受けた医師の意見をしっかりと聞いて理解しておくことです。

今自分はどのような状態で、病気はどのくらい進行していて、どんな治療が必要とされるのか理解しておかなければ、セカンド・オピニオンを受けても正しい判断ができなくなってしまうのです。

もしもセカンド・オピニオンを受けたいと思ったら、今治療を受けている医師に紹介状、病理検査や病理診断などの記録にCT、MRIなどを準備してもらいましょう。
書類や資料を別の医師に見てもらうことで、別の角度から治療法を見出したり、意見を聞くことができるのです。

セカンド・オピニオンはどこで受けるかが大事

では実際にセカンド・オピニオンを受けようと思ったら、どこでどんな医師に受ければいいのでしょうか。
実は今、がん治療に携わるほとんどの病院でセカンド・オピニオン外来が設置されています。
ですからがん診療連携拠点病院のがん相談支援センターにまず問い合わせ、どこの病院でセカンド・オピニオンを受けることができるか聞いて見ましょう。

またもしあなたが、今の担当医から手術を進められているけれども、化学療法などで治療することはできないのかなど、治療内容に具体的な希望を持っているなら放射線治療専門の医師を探すと言う方法があります。

セカンド・オピニオンを受ける病院を決めたら、医療機関に連絡し、セカンド・オピニオンのために必要なものを聞いて揃えましょう。
基本的に全額自己負担となりますので、セカンド・オピニオンを受ける際は疑問点や不安点、聞きたいことなどをメモに取り、活用するといいでしょう。

もし医療保険でセカンド・オピニオンを保障する特約などがついている場合は連絡することを忘れないようにしてください。

セカンド・オピニオンを受けた上で、あなたがもっとも納得の行く説明をくれた病院を選んでいくといいでしょう。


LIFULL保険相談



関連記事

  1. 医療保険でも契約者貸付は利用出来る?

  2. 指定代理請求特約への加入は必須か

  3. 3大疾病保険のメリット・デメリット

  4. 基礎年金はいくらもらえる?知っておきたい知識

  5. 告知書に虚偽の内容をを記入したらどうなりますか?

  6. 上皮内癌・上皮内新生物とは?

PAGE TOP