LIFULL保険相談



受取人の変更に必要な書類と注意点について

医療保険や生命保険は保険金の受取人を指定することができるのですが、変更することも可能です。しかし手続きが面倒なのでは、用意する書類が多いのでは、と考える人もいるでしょう。では保険の受取人変更手続きはどのように行われるのでしょうか、見てみましょう。

保険金受取人変更に必要な書類

保険金の受取人変更をするときは、保険証券、保険契約者の本人確認書類、印章、受取人変更届が必要とされます。本人確認書類は運転免許証や保険証、パスポートなど公的書類、印章は認印不可という場合もありますから確認しましょう。

方法は2つで、直接保険会社の担当者が家まで来て変更する方法と、書類を郵送する方法です。担当者が家まで来る場合は書類を一から確認してくれますし、分からなければ書き方を教えてくれますのですぐに手続きを終えることができます。

郵送する方法は指示に従い書類を記入し、捺印や必要書類のコピーなどを添付します。間違えた場合は再提出を求められますので二度手間になってしまいます。

  • なお郵便局が運営するかんぽ生命の場合は方法が多少異なりますのでチェックしておくといいでしょう。
  • 保険金受取人変更の流れ

    保険金受取人変更するきっかけは被保険者が結婚した、本来の受取人に不幸があったなどということがあります。ではどのようにすれば保険金受取人変更ができるのかと言うと、まず手続きをするために保険金受取人を変更する保険証券をすべて用意し、保険会社に連絡します。

    契約者本人が保険会社へ連絡するか、近くの保険代理店へ行きましょう。手続きの上で必要な書類を教えてもらうことができ、電話受付なら郵送してもらいます。

    必要な書類、添付書類を用意し、保険会社へ保険金受取人変更届けを提出しましょう。郵送で必要書類を送ってもらった場合は返送すれば受け付けてもらうことができます。

    保険会社に書類が届き、受理されれば契約内容変更明細書が送られてきますので、内容をきちんと確認しましょう。


    LIFULL保険相談



関連記事

  1. 医療保険を申し込む際に、医師の診査は必要ですか?

  2. 保険における据え置きとは

  3. 往診も通院給付金の支払い対象になりますか?

  4. 保険会社が破綻したとしたら、その契約はどうなりますか?

  5. 保険料を前納しておくと後で楽が出来る?

  6. 解約しても解約返戻金が支払われない場合とは?

PAGE TOP