LIFULL保険相談



生命保険契約者保護機構とは

保険会社はあくまで株式会社ですから吸収合併もありますし倒産する可能性がまったくないわけではありません。ですが保険契約者にしてみれば保険会社が倒産するなどマイナスのことが起こるのは受け入れがたいことです。

そこで保険契約者を万が一の自体から保護するために設けられたのが生命保険契約者保護機構です。

生命保険契約者保護機構とは

生命保険契約者保護機構というのは保険業法により平成10年12月1日に設立された法人です。日本国内に事業を展開する生命保険会社すべてが生命保険契約者保護機構に会員として登録しています。

  • なぜ生命保険契約者保護機構があるのかというと、生命保険会社が破綻した場合、生命保険会社の契約者を保護する、援助するためです。もしも生命保険会社が破綻しても、保険契約を結んでいる契約者が別の保険に移転するなどできるよう資金援助したり、保障対象の保険金の支払に関する資金援助をしてくれます。

また生命保険会社が更生手続きを始めるとき、更生管財人によって更生計画案が作られ、その決議に関わる関係人集会などの議決権行使といった更生手続きをする際保険契約者がしなければならない手続きも代わりに行ってくれます。

生命保険契約者保護機構の成り立ち

生命保険契約者保護機構はなぜ保険契約者の保護ができるのかというと、その財源自体が各保険会社が負担しているからです。

それぞれの保険会社が負担して出し合った財源を元に、保険会社が破綻したときに保険契約者を保護できるようにしていますが、間に合わない場合は国会審議によって国から保護機構へ補助金が出ます。

なお保険金を据え置きしている場合、過去の事例から見ると全額保護されており、契約条件の変更も特にありませんが、保険金額が減額になることはあります。

不況の今、もしも保険会社が破綻したらどうなるのか、その不安に答えてくれるのが生命保険契約者保護機構なのです。


LIFULL保険相談



関連記事

  1. 特定疾病保障保険では全ての「がん」をカバーできないのですか?

  2. 入院中に保険期間が終了したら、入院給付金の受け取りは出来ませんか?

  3. 往診も通院給付金の支払い対象になりますか?

  4. 保険会社によって、1入院における限度日数や通算限度日数などに違いがあり…

  5. 5年ごと利差配当付保険は医療保険にもあるか

  6. 指定代理請求特約への加入は必須か

PAGE TOP