LIFULL保険相談



契約を変更する時に必要な手続きとは

万が一の病気や怪我に備えて加入するのが医療保険です。
一旦どこかの医療保険に加入すれば、普段の生活のなかではその契約内容を確認することありませんが、契約変更が必要になる時もあります。ここでは契約を変更する時に必要な手続きや契約変更時によくあるトラブルについてご紹介しましょう。

契約を変更する時に必要な手続き

医療保険の契約を変更する時に必要になる手続きは、それぞれの保険会社の手続きの手順に沿って行われることになります。
引っ越しをした場合には、契約者の住所変更が必要になりますし、結婚をした時にも、契約者の住所変更や改姓、保険料の受取人の変更や、保険料の支払い口座の変更も必要になってくるでしょう。

これらの契約変更の手続きは、加入している保険会社のホームページの契約者専用サイトから行うことができます。

または、各保険会社のコールセンターに連絡をすれば、そこで受付けをしてもらえます。契約者の住所変更だけであれば、インターネットで手続きを完了することができます。

保険料の振込口座の変更や、契約者の改姓、受取人の変更などの手続きは、インターネットで手続きをして、変更書類のお取り寄せが必要になります。

  • コールセンターの場合でも同じで、住所変更だけであれば、電話だけで手続きが完了しますが、それ以外の変更手続きの場合には、変更書類をお取り寄せして、必要項目に記入してから返送する必要があります。
  • 契約変更時によくあるトラブルとは

    医療保険の契約変更時にはトラブルがないように、スピーディに行いたいものです。住所変更だけであれば、すぐに終わるのですが、振替口座の変更や、契約者の改正、受取人の変更などでは、必要書類に記入をして、金融機関のお届印の捺印や、保険契約者の公的証明書のコピーなどが必要になります。

    印鑑を押し忘れたり、公的証明書のコピーを忘れていたりなどのトラブルが多いようです。二度三度と、必要書類の返送や提出が繰り返されないように、必要書類の提出の前には、きちんと確認することが大切です。


    LIFULL保険相談



関連記事

  1. セカンドオピニオンサービスは必要か?

  2. 医療保険は何歳から何歳まで申し込めますか?

  3. 主契約と特約との関係性

  4. 医療保険の加入に必要な告知書とは

  5. 日帰り入院の場合でも入院給付金はもらえますか?

  6. 基礎年金はいくらもらえる?知っておきたい知識

PAGE TOP