LIFULL保険相談



保険料の払い込み期間は、どのような考え方で決めたら良いですか?

医療保険に加入する場合、保険料の払込期間を決める必要があります。
この払込期間ですが、一般的には退職する年齢にあわせて60歳や65歳と設定するケースが多いようです。
しかし、その選択がベストとは限りませんので、どのようにして決めるのかを考えていきましょう。

保険料という点から考えてみよう

医療保険における払込期間ですが、基本的にはいつまで支払いをするのか、ということで大きく保険料が変わってきます。
そして、何歳まで払込をするのかで通算の支払額も異なってきますので、およその計算をしてみることをお勧めしておきます。

同じ保障内容の保険に加入したとしても、払込期間が違うだけで月々の保険料、通算の保険料が異なるのです。

一般的な試算では払込期間が長くなるほど月々に支払う保険料は減りますが、通算した場合の保険料は増えると考えてください。
逆を言えば、払込期間を短くすれば月々の保険料は高くなりますが、通算の保険料は安くなると考えることができます。
ただし、同じ保障内容の保険であっても加入時の年齢によって、保険料が異なってきますので、その点もしっかりと把握することが大切です。

ライフプランから払込期間を考えてみよう

医療保険における保険料の払込期間を決める時に、重要なポイントになってくるのが、将来の収入と支出を予想しておくということです。

例えばですが、子どもを作るのなら何人作る予定なのかによっても、選択できるプランが大きく変わってきますので、その点もしっかりと考えてみましょう。
年代別に収支のことを予想してみると、20代ではどちらかと言うと、収入よりも支出をする機会が多く、貯蓄や保険料の支払いに回すお金がないというケースも多いでしょう。
就職をしたのものの、まだまだ給与の額は少ないですし、交際費に多くの支出をするケースも少なくありません。
また、洋服であったり、自分の趣味に使えるお金が増えることから、そちらに多くのお金を回してしまう人もいます。
20代も半ばになってくると、親元から離れて一人暮らしをする人も多くなり、そうなると余計に支払う部分が多くなるので、保険にお金をかける人は少ないでしょう。
しかし、医療保険では若くて健康なうちに加入することで、保険料そのものの支出を抑えることができるというメリットがあります。
このように支出の関係を予想することで、どのくらいなら保険料も負担が少ないのかを考えることができ、払込期間を決めるときの参考にすることができるでしょう。


LIFULL保険相談



関連記事

  1. 収支相等の原則と保険の関係

  2. 高血圧と診断された人でも医療保険に加入できますか?

  3. 生命保険・医療保険・がん保険の違いについて教えて下さい。

  4. 医師の診断確定がないと保険金は請求出来ない?

  5. 給付金の種類には何がある?

  6. 終身払込は得か損か

PAGE TOP