LIFULL保険相談



医療保険の加入に必要な告知書とは

医療保険に加入する際に、必ず必要になるのが告知書です。これは、自分の現在の健康状態などを保険会社に報告するものです。過去の情報も正しくありのままに告知することが必要になるのが告知書です。

医療保険の給付金をきちんともらうためにも、この告知書はとても重要なものです。ここでは、告知書とはいったいどんな内容なのか、告知書を記入する際の注意点などもご紹介しましょう。

医療保険の加入時に必要となる告知書の内容とは

医療保険の加入時に必要となる告知書は、保険会社が医療保険の契約を結ぶかどうかの大切な判断材料になるものです。ですから、告知書には被保険者の健康状態について、正確に記入する必要があります。一般的な医療保険の告知書の内容です。

まず、名前や生年月日、職業や勤務先名、さらに身長や体重なども記入します。職業については、勤務先名と業種、具体的な仕事内容なども記入しますが、適切な言葉が見つからない場合には、保険会社の人が仕事内容についてイメージしやすい言葉を使いましょう。

また、満15歳の場合には、被保険者自身が必ず告知書を記入する必要があります。健康状態に関しての告知項目はたくさんあり、大きく分けると、最近3ヶ月以内の健康状態について、そして過去5年以内の病気や怪我について、さらに過去2年以内の健康診断の結果について、身体の障害についてや、該当者のみに必要な項目には、がんについて、妊娠・出産についてなどの項目があります。

  • 告知書の健康状態の告知では、質問形式になっているので、「はい」か「いいえ」のどちらかにチェックしていきます。余計なことを細かく記入する必要はないので、問われていることに関して素直に答えることが大切です。
  • 告知書を記入する際の注意点

    告知書を記入する際に注意したいことは、必ず被保険者本人が記入することです。また、保険の営業担当者で口頭で伝えただけでは、告知にはならないことも知っておきましょう。

    • 告知書の内容に違反があれば、契約が解除されて、給付金がもらえなくなったりすることもあります。記入の間違いや記入漏れなどがないように、営業担当者の目の前でアドバイスしてもらいながら記入すると良いでしょう。

    • LIFULL保険相談



関連記事

  1. 主契約と特約との関係性

  2. ガンにおける新生物の分類

  3. 給付対象となる手術を教えて下さい。

  4. 医療保険でがん・ケガについても保障されますか?

  5. 入院給付金の「通算支払限度」とは何ですか?

  6. 自由診療(保険外診療)とは?

PAGE TOP