LIFULL保険相談



ガンにおける新生物の分類

ガンには上皮内新生物と悪性新生物の2つがありますが、この2つの違いを明確に知っておくことでよりガン保険のことを知ることができます。

というのもガン保険では保障の対象となるガンと保障の対象にならないガンがあるからです。では上皮内新生物と悪性新生物は何が違い、またガン保険で保障されるのはどのタイプなのでしょうか。

ガンに属する4種類の新生物

ガンで主に知られているのは上皮内新生物と悪性新生物の2つですが、細かく分けると良性新生物、上皮内新生物、悪性新生物、性質不詳の新生物の4つに分類されます。

これら新生物の分類はどのような違いがあるのかと言うと、良性新生物は転移の心配がなく、浸潤していないタイプのガンです。治療すると再発することもなく、たとえば女性に多い子宮筋腫をはじめ、大腸線腫、脂肪腫、血管腫などがあります。

上皮内新生物も浸潤していませんし、転移の可能性もなく、治療後再発する恐れもありませんが、子宮高度異形成、上皮内ガン、大腸粘膜内ガン、皮膚ボーエン病などがこれに該当します。悪性新生物は浸潤しており転移する可能性も十分あるガンで、再発の可能性も持っています。

日本人の死因トップを占める胃がんや大腸がん、肺がんをはじめ、白血病に悪性リンパ腫、骨肉腫も悪性新生物に含まれます。性質不詳の新生物は上記のいずれに分類することも難しく、判断ができない物で、卵巣境界悪性腫瘍や胸腺腫、骨巨細胞腫などが含まれます。

ガン保険でチェックしておきたいこと

もしあなたがガン保険に加入しているのなら、どのタイプのガンが保障されるのかチェックしましょう。というのもガン保険では上皮内新生物は保障の対象外としている物があるからです。

  • 最近発売された商品は上皮内新生物は保障の対象となりますが、昔入った保険を見直していないと言う場合、上皮内新生物は保障されない可能性があります。また良性新生物や性質不詳の新生物についても保障されるかどうか保険担当者にあらかじめ確認しましょう。

LIFULL保険相談



関連記事

  1. 長期入院特約とは?

  2. 特定疾病保障保険とは?

  3. 日帰り入院の場合でも入院給付金はもらえますか?

  4. 医療保険料と口座振替扱の注意点

  5. 医療保険と所得補償保険の違いを教えて下さい。

  6. よくある疾患の患者会について・患者会では何を行うのか?

PAGE TOP