LIFULL保険相談



リビングニーズ特約とは?

医療保険の中には、リビングニーズ特約というものがあります。
リビングニーズ特約とは、余命半年の宣告を受けた人が、死亡保険金の一部を生前に受け取ることができる仕組みのことです。
すでによく知られた保険特約の一つですが、ここで改めてその特長やメリットについて見てみましょう。

リビングニーズ特約の特長

リビングニーズ特約は、医師から余命半年の宣告を受けた人に限って、既契約の死亡保険金の一部を生前に受け取れるようにしたものです。
死亡保険金といえば、本来は人の死亡後に支払われるべきものですが、特別な配慮によって生前に支給できるようにしたもの、それがリビングニーズ特約です。

その目的は、余命残りわずかの宣告を受けた被保険者が、残りの人生を悔いなく過ごせるようにすることです。

人生最後に外国に旅行に出かけたいと思っても、お金がないとそれを実現できませんが、そういう場合にリビングニーズ特約を使って経済的支援を行うことができるのです。

気になるリビングニーズ特約の保険料ですが、実は保険会社各社で無料とされています。
税金については、保険金を受け取った本人は非課税になりますが、被保険者が亡くなって給付金が残された場合は、そのお金が相続財産とみなされ、相続税の課税対象とされます。

知っておくべきリビングニーズ特約のデメリット

どちらかといえばメリットのほうが多いと思われるリビングニーズ特約ですが、少なからずデメリットもあります。

例えばその一つは、指定代理請求人と余命半年の告知の問題です。
具体的に問題となるのは、本人に余命半年を告知することが望ましくない場合に、指定代理請求人がリビングニーズ特約を利用することで、本人に余命半年のことが知られてしまうことです。

指定代理請求人としては、本人の残りの人生を盛り上げるためにリビングニーズ特約を密かに利用するのですが、保険会社からのお知らせなどによってその利用事実がバレてしまうことがあります。

そうした際に、本人は初めて余命のことを知ることになりますが、それで前向きになる人もいますが、ショックを受けて落胆してしまう人もいます。
いうまでもなく問題になるのは後者の場合ですが、告知で落胆してしまう人の中には、なかなか自分の最後を受け入れることができない人もいるので、この場合は余命のことを知らなかったほうがいいということになります。

したがって指定代理請求人になった人は、リビングニーズ特約を利用する場合、本人に告知しないほうが望ましいときは、絶対に特約を利用することが知られないように注意しなければなりません。


LIFULL保険相談



関連記事

  1. 診断給付金はどのような病気でも適用されるか

  2. 医療保険の契約概要は良く読んでおこう

  3. 保険会社が破綻したとしたら、その契約はどうなりますか?

  4. 増加している緩和ケア施設への転居と現状

  5. 手術給付金の10倍・20倍・40倍って何ですか?

  6. インフォームド・コンセントの同意と保険は関係ある?

PAGE TOP