LIFULL保険相談



医療保険でも契約者貸付は利用出来る?

保険用語の一つに契約者貸付制度がありますが、聞きなれないという方も多いかもしれません。これは保険会社からお金を借りると言う制度ですが、どのようにすれば利用できるのか、注意点は何か分からないと言う方も多いでしょう。では契約者貸付のポイントや注意点、どのような保険で利用することができるのか見てみましょう。

契約者貸付とは

契約者貸付は保険会社からお金を借りる制度で、解約返戻金を担保にします。借りることができるお金は解約返戻金の70~90%が一般的ですが、保険会社、種類によって内容は変わります。なお契約者貸付を利用することができるのは契約者本人だけで、決められた書類を提出しなければなりません。

さらに契約者貸付を利用すると返済義務が生じ、利子も発生しますので気をつけなければなりません。利子はどのくらいかというと、保険の予定利率に1~2%上乗せした金額になります。

契約者貸付が利用できる保険の種類

  • 契約者貸付は基本的に生命保険に設けられている制度ですから医療保険などでは借りることができないことがほとんどです。
  • しかし医療保険の中でも解約返戻金があるタイプなら契約者貸付を設けている保険会社もあります。注意点はは保険料の支払が滞ると保険会社が解約返戻金の範囲内で保険料を自動的に立替える自動化しつけと区別することです。通常保険料の払込が行われなかった場合、翌月末で保険契約は執行してしまうのですが、契約者貸付が自動的に行われることで保険契約を続行することができます。

    もちろん生命保険や養老保険、学資保険などにある契約者貸付制度も解約返戻金のある医療保険にはありますので、あなたが契約している医療保険に契約者貸付があるかどうかほけ担当者に確認してみると良いでしょう。

    もし契約者貸付があるなら、急遽お金が必要になったけれど保険契約は解約したくない、けれどお金が工面できないと言う場合利用すると便利です。もちろん利子を含んでの返済義務が発生しますので忘れないようにしましょう。


    LIFULL保険相談



関連記事

  1. 特定疾病保障保険では全ての「がん」をカバーできないのですか?

  2. 共済と民間の医療保険の違いを教えて下さい。

  3. 医療保険は、入院すれば必ず入院給付金が給付されますか?

  4. 通算支払限度日数とは?

  5. エビデンスとは一体何?医療保険とエビデンスの関係

  6. 契約応当日とは?取り決めと知っておくべき事

PAGE TOP