LIFULL保険相談



生命保険・医療保険・がん保険の違いについて教えて下さい。

保険に加入する時にはどんな保険に加入するのかを、きちんと把握していなければいけません。
ただし、保険会社から資料請求をしてみると良くわかるのですが、非常に多くの保険があって、どの保険が何に対するものなのかわかりにくいというものがあります。
例えば、名前は違っていても同じような内容の保険というものも多く、結局どちらがお得になるのかわからない、ということも少なくありません。
ここでは生命保険・医療保険・がん保険の違いについて考えてみましょう。

一般的な保険と医療保険・生命保険・がん保険の違いって?

保険と一口に言っても様々なものがあります。最も代表的な保険としては、火災保険や自動車保険といったものでしょう。
ここに生命保険や医療保険、がん保険というものもあります。
この保険の違いはなにかと言うと、損害保険であるかどうかというものです。
基本的に損害保険というのは損害保険会社が販売している保険商品になります。
事故による損害を補償するという保険のことで、補償の対象となるのは人や物ということになります。
多くのことが保険の対象となっており、保険によって対象となるものの分野がかなり違っているのが特徴です。

対して、生命保険は生命保険会社が、医療保険、がん保険というのは生命保険会社と損害保険会社の両方で取り扱いのあるものです。
生命保険の対象となるのは人であり、中でも何らかの理由で死亡した場合の保障が主な内容になります。
医療保険というのも基本的には生命保険と同じで人を対象とするものですが、その内容が医療に関するものという形です。

生命保険・医療保険・がん保険の違い

生命保険に関しては様々なものがあります。

大きくは終身型、定期型、養老型という3つのタイプに分類でき、それぞれに各社ごとの特徴ある保険商品が販売されているのが特徴です。

医療保険というのは様々な病気と怪我によって、手術もしくは入院を行った時に効果を発揮する保険となります。

がん保険は医療保険の中でもがんに特化した保険だと考えてください。

そもそも医療保険とがん保険というのは、生命保険の特約として付帯されていたことがほとんどでした。
しかし、現在になって生命保険の加入はしたくないけれど、医療保険やがん保険には加入したいと考える人が多くなったことから、単体として販売されるようになったという経緯があります。
損害保険会社でも積極的に販売を行っており、テレビなどのメディアで宣伝されているのも良く見かけるはずです。
各社から販売されるだけあって、その保障内容も様々なので、しっかりと内容を確認しなくてはいけません。


LIFULL保険相談



関連記事

  1. うつ病などの精神疾患の人でも医療保険への加入はできますか?

  2. 3大疾病保険のメリット・デメリット

  3. 健康状態の告知をしなくても無条件で契約ができる医療保険のメリット・デメ…

  4. 地震や台風などの自然災害でケガをして入院したら、給付金はもらえますか?…

  5. 手術給付金の10倍・20倍・40倍って何ですか?

  6. 日帰り入院の場合でも入院給付金はもらえますか?

PAGE TOP