LIFULL保険相談



インフォームド・コンセントの同意と保険は関係ある?

インフォームド・コンセントは医療行為において、治験や治療など、治療内容の説明を患者が納得いくまで受けた上で、自由意志によって医療従事者と方針を合意すると言うことです。なおインフォームド・コンセントは患者側が拒否する権利も持っています。ではこのインフォームド・コンセント、保険との関連性はあるのでしょうか。

インフォームド・コンセントのあり方と注意

インフォームド・コンセントに同意する場合、患者本人あるいは家族が口頭により治療方針の通知と説明を受け、内容に納得してから同意することになります。そのため医療従事者は医療措置におけるメリットもデメリットも包み隠さず提示しなければなりません。

その上で医療側に十分な説明を受け、理解したから同意すると言う旨の文書を提出することになりますが、これは同時に患者が自分が選んだ治療法の結果へ責任を負うことになります。

  • 一度同意すると、副作用などについて責任を追求しないことになるのですが、患者側が注意したいことは、説明を家族と一緒に聞く、正しい診断名や病期、治療法とメリット、デメリット、副作用、治療を受けない場合はどうするのか、病院の治療経験や実績を聞くことです。最終的な判断は自分ですることになりますから、説明はしっかり聞くようにしましょう。

インフォームド・コンセントと保険の関係

インフォームド・コンセントが医療保険と大きくかかわってくるのは主にがんです。がん以外の病気であれば入院保険や手術給付金が関係してくるので保険会社に問い合わせれば良いのですが、がんの場合、患者本人に告知しない場合もありますからその場合は家族が保険金を請求しなければなりません。

これはインフォームド・コンセントに同意しても同じことで、患者自身はがんに対する同意ではありませんが、患者家族はがんに対する同意をしたことになります。

その上で、がん診断一時金の受け取りや入院給付金、手術給付金などを請求することになります。もし患者本人ががんと知らない場合は家族が代理で行うことになりますので、がん保険の請求をしていることを本人に悟られないようにすることも大切なことです。


LIFULL保険相談



関連記事

  1. 医療保険の契約日についての注意点

  2. 治療中の病気がある場合は医療保険に加入できませんか?

  3. 医療保険でがん・ケガについても保障されますか?

  4. 個人年金保険料控除の計算方法は?

  5. 申し込んでどれくらい経ってからが契約応当日?

  6. 特約とは?

PAGE TOP