LIFULL保険相談



どのような状態が高度障害状態と呼ばれるの?

医療保険のパンフレットなどには、「高度障害状態になった場合には、それ以降は保険料はいただきません」といった内容が記載されています。この高度障害状態とは、具体的にどのような状態のことなのでしょう。

医療保険のパンフレットの約款には、高度障害状態の具体的な状態のことが記載されているのですが、分かりづらかったり、読むのが面倒だったりします。ここでは高度障害状態について、詳しくご紹介します。

高度障害状態とはどのような状態なのか

高度障害状態とは、具体的にどのような状態なのかというと、7つの該当項目があります。

まず、1つ目は、両眼の視力を完全に永久的に失う状態です。両眼ともにメガネやコンタクトなどで矯正しても視力が0.02以下となり、回復の見込みもない状態を指します。2つ目は、言語による意思の疎通が全くできなくなる状態、あるいは咀嚼が機能障害になり、流動食以外のものが摂取できなくなる状態です。3つ目は、終身常時介護状態になることです。これは、食事や排便、衣類の着脱、立ったり座ったりや歩行、入浴などの、どれもが自分一人ではできず、他人の介護が必要になる状態です。
反対にどれか一つでも自分で出来るものがある場合には、高度障害状態には該当しません。

4つ目は、上肢を手首以上で切断していたり、両上肢が完全に麻痺しているなど、両上肢の障害がある状態です。5つ目は、両下肢を足首以上で切断していたり、両下肢が完全に運動麻痺をしていたりなど、両下肢の障害がある状態です。6つ目は、1上肢を手首以上で切断し、さらに1下肢を足首以上で切断するなど、1上肢と1下肢の障害がある状態です。7つ目は、1下肢を足首以上で切断し、さらに1上肢が完全に運動麻痺などの状態になることです。

高度障害状態になった場合の保険料はどうなる?

この中のいずれかの高度障害状態になった場合には、医療保険や生命保険などの保険料はどうなるのでしょうか。

  • 商品によっても違いはあるものの、一般的に、がん、急性心筋梗塞、脳卒中の3大疾病や、高度障害状態になった場合には、保険料払込み免許特約をオプションとしてつけておけば、それ以降の保険料の払込みは全て免除されます。
  • ただし、保険商品の約款所定の状態にならないと、保険料免除にはなりませんし、この特約を付けることで、保険料も割高になります。


    LIFULL保険相談



関連記事

  1. 告知書に虚偽の内容をを記入したらどうなりますか?

  2. 医療保険の保険料はクレジットカード払いが出来るか

  3. 女性疾病の主な種類と医療保険について

  4. 高血圧と診断された人でも医療保険に加入できますか?

  5. 収入保障保険の支給条件

  6. 個人年金保険料控除の計算方法は?

PAGE TOP