LIFULL保険相談



入院日額5,000円が医療保険加入の標準と聞きましたが、本当にそれで足りますか?

医療保険に加入することで、入院給付金を受け取ることができます。
この入院給付金ですが、一般的には日額で5000円が標準となっているのですが、本当にそれは足りるの、と不安に思ってしまう人もいるかもしれません。
ここでは医療保険における入院日額について考えてみましょう。

入院給付金における標準額ってなに?

入院をすると病院に支払うべきお金が複数出てきます。
この中でも食費や差額ベッド代というものに関しては、健康保険の適用外となっていますので、全額自腹負担をする必要があるのです。
この自腹負担をする額が大きくなってくると、入院費の支払いが負担になってきます。
そこで入院費の負担を軽減するためのものが医療保険における入院給付金です。
この入院給付金の標準額が1日5000円とされているのは、差額ベッド代や食費などの平均額を考慮した上で、この程度は必要であろうとされた額になります。
つまり、個人によってはもっとかかってしまうこともありますし、そうではないというケースもあるので、一概に正しい額だとは言い切れません。

サラリーマンの方であれば、所属している会社の福利厚生制度を確認してみるのもお勧めです。
法律で定められている高額療養費制度だけではなく、一定額を超えるような医療費の支払いがあった場合は還付されるという制度があるかもしれません。
他にも、差額ベッド代にしても一定の額を上限として、その額までは補助するという独自の福利厚生制度を持っている企業も少なくないからです。
こうした福利厚生制度であったり、医療保険における保障なども考えて、適切な金額というのを算出するのも1つの手段だと考えてください。

良くわからない場合は、ネットで保険会社の資料を請求したり、見積もりをとってみるのも良いでしょう。
また、ファイナンシャルプランナーに相談をするというのも1つの方法です。

入院日額を手厚くすることはできる?

一般的に医療保険では入院日額は加入時に選択することになります。
標準額となっている日額5000円が最低基準となっていることが多く、そこから8000円、10000円といったように少しずつステップアップしていく形です。
当然ですが、入院給付金の日額をアップさせればさせるほど、保険料の負担というのは大きくなりますので、そこはしっかりと考えておく必要があります。
また、手術給付金にしても入院給付金を基準として、何倍を支払うという形をとっている保険も多いので、入院日額をいくらにするのかは大きなポイントになってくると言えるでしょう。


LIFULL保険相談



関連記事

  1. 保険における据え置きとは

  2. 指定代理請求人制度とは?

  3. 知っておきたい保険会社の責任準備金について

  4. 複数の手術を同時に受けた場合、手術給付金は2回分もらえますか?

  5. 増加している緩和ケア施設への転居と現状

  6. 死亡保険金は誰が請求出来るか

PAGE TOP