LIFULL保険相談



女性疾病入院特約のメリット

乳がんや子宮筋腫、鉄欠乏性貧血、リウマチなど女性特有の疾病はたくさんあります。こうした女性特有の病気に対し、給付金を上乗せしようと言うのが女性疾病入院特約です。

では女性疾病入院特約をつけることで具体的にどのようなメリットが得られるのでしょうか。

女性特有の病気をカバーしてくれる

女性と男性の体の構造は違いますから、当然女性特有の病気というのもあります。

そこでポイントとなるのが女性疾病入院特約なのですが、これは入院給付金や手術給付金を女性特有の疾病と診断された場合に上乗せすると言う物です。

たとえば女性疾病入院特約で入院給付金5000円となっている場合、主契約の入院給付金が5000円なら10000円×実際の入院日数分給付されることになります。

ですからたとえば子宮筋腫で20日間入院した場合、20万円を受け取ることができる計算になります。手術をすればその分上乗せされますから、医療費の支払の大きな助けになることは間違いありません。このように、主契約の保障を充実させることができるのが女性疾病入院特約のメリットと言えるでしょう。

生活の助けになることもある

女性のライフスタイルは年齢や職業、家での位置によって変わる物です。たとえば専業主婦なら普段の家事一切を引き受けていることになりますが、入院してしまうと家事が他の家族の負担となり大変なことになったり、また小さいお子さんがいる場合は幼稚園への送り迎えなども残された家族で負担しなければなりません。

女性疾病入院特約で給付金が上乗せされれば、その分をシッター費用に充てる、食費に充てることも可能です。共働きや1人暮らしの場合は収入が減ることになりますから、家計を助けると言う意味で女性疾病入院特約は大きなメリットになります。

女性が入院することで起こりうるリスクに対応することができるのも女性疾病入院特約なのです。中にはお祝い金のある女性疾病入院特約もありますので、ライフスタイルに合わせて選んでみると良いでしょう。


LIFULL保険相談



関連記事

  1. 医療保険の責任開始日はいつになるか

  2. 一入院支払い限度日数で最も一般的なのは?

  3. 医療保険の歳満了の問題点

  4. 子宮筋腫や乳がん等の女性特有の病気を手厚く保障してくれる保険を教えて下…

  5. 保険料の払い込み期間は、どのような考え方で決めたら良いですか?

  6. 引き落とし口座の残高不足で保険料未納でも、保障はされますか?

PAGE TOP