子供の保険の必要性 | 医療保険の超初心者ガイド









子供の保険の必要性

子供の保険が必要になる具体例

小さな子供には収入があるわけでもないし、入院中の収入保障もなくても問題ないし、乳幼児の時はそんなに医療費がかかるわけでもない…。

このような理由により、おおよその方は、子供の医療保険については「なくても問題ない」と見定めて、保険をかけていない場合が殆どであるようです。

ですが、「子供の医療保険」は状況によっては役立つものです。それは両親ともどもが働きに出ていたり、シングルマザーであったりなどで、「日中に親がいない家庭」の場合です。

もしも子供が病気にかかって入院しなければならなくなってしまった場合は、もし共働きの家庭の場合は、夫婦が交代で、子供の体調を毎日チェックしに行かなければなりません。

そしてシングルマザーの家庭の場合は、長期にわたって仕事を休まなければならない場合もあります。
そこまで長い休みでなければ、有給休暇などを利用してカバーできますが、何回も入退院をしなければならない状況となった場合は、悩んでしまいます。

そんなシチュエーションの時に役立つのが「子供の医療保険」なのです。

頼りになる「子供の保険」

子供が入院してしまった際にかかるお金は、ひと目だと入院費のみのように感じるのですが、親は常に子供の側にいなければならなくなるため、仕事を休まなければならず、その分の収入が減ってしまう点を理解しなければいけません。

そして親が入っている保険だけでは、子供の病気のサポートを行うことはできません。
そこで子供が医療保険に加入していることによって、給付金で日々の生活費をまかなうことができるのです。

他には、もしも貴方の保険に「家族特約」が付帯しているのなら、それを有効活用するという方法もあります。
ですが、家族特約については、子供の医療保険で支給される給付金と比べると低額となるケースがありますので、一回、保険の専門家に相談してみるのが良いかもしれません。

子供の医療保険の他のメリットは、月額「千円以下」という「安い保険料」にもあります。
両親ともに働いている家庭や、シングルマザーの家庭の方は、子供の医療保険を選択肢に入れるのも得策とも言えるでしょう。