LIFULL保険相談



5年ごと利差配当付保険は医療保険にもあるか

保険市場での用語は難しいので、パンフレットなどを呼んでみても、分からないことが多いですね。

生命保険などにはよく、5年ごと利差配当という記載があるのですが、これはいったいどんな内容なのかご存知でしょうか。また、医療保険にも5年ごと利差配当付の保険があるのかなどをここで詳しくご紹介します。

5年ごと利差配当があるのは、医療保険選びで重要視することなのかどうかも考えてみましょう。

5年ごと利差配当付保険は医療保険にもあるの?

保険会社ではどこでも、支払われた保険料をもとにして、実際に得ることが出来る収益を見込み、それを保険料から割り引いています。この割引率のことを予定利率と言い、これが高いと保険料が安くなりますし、低いと保険料は高くなります。

当然のことながら、予定率は常に変動するのですが、保険を契約した時点での予定利率が適用された保険料を支払うことになります。保険料は、契約時点での料金で基本的に変動がありませんが、実際の運用成果と照らし合わせれば、その差によって損益が発生します。

この毎年の損益を一定年数(5年)ごとに通算して、余剰金が発生した場合には、配当金として契約者に還元してくれる仕組みを5年ごと利益配当と言います。この5年ごと配当利益付保険は、生命保険に良くある仕組みで、学資保険などにも付いているものがあります。医療保険でも、5年ごと利益配当が付いた保険があります。

医療保険の選び方

  • 5年ごと利差配当付保険はとても魅力的に見えますが、医療保険を選ぶ際にはこの5年ごと利差配当については重要視しない方が良いでしょう。
  • 5年ごと利差配当は、あくまでもおまけとして利益配当もあって良かったぐらいに考えると良いでしょう。それよりも医療保険を選ぶときには、大事なポイントがいくつかあります。

    • 医療保険を選ぶ上で、大きなポイントになるのが、入院しなら1日あたりもらえる入院給付金日額です。。
    • また、その保障がいつまで必要なのか、保険期間も大切です。そして保険料の払込みはいつまで続くのか、保険料払込期間も確認したいポイントです。また、入院給付金は無限に給付が受けられるわけではないので、1入院に対しての限度日数も医療保険を選ぶ際の重要なポイントになります。


      LIFULL保険相談



関連記事

  1. 通院だけのがん治療を保障してくれる保険を教えてください。

  2. どのような場合に祝い金が受け取れるか?保険の祝いの種類

  3. 被害事故保険金とは?

  4. 保険会社によって、1入院における限度日数や通算限度日数などに違いがあり…

  5. 医療保険は何歳から加入できますか?

  6. 知っておきたい保険会社の責任準備金について

PAGE TOP