LIFULL保険相談



「通院」と「日帰り入院」の違いは何ですか?

医療保険の中には、日帰り入院でも保障しますというものがあります。
特に最近では増えている傾向があり、パンフレットなどでも良く見かけるでしょう。
しかし、通院や日帰り入院の区別が良くわからないという人も少なくありません。
この日帰り入院の保障を知らないままに、請求しなかったというケースも考えられますので、きちんと情報は把握しておくべきです。

日帰り入院と通院の違いはどこにあるの?

そもそも日帰り入院とはなにかという話ですが、入院日と退院日が同じであること入院料の支払いがあることの、2点がポイントになります。

通院であっても、時間がかかってしまう治療というのものがあるので、その区別がつきにくいと考える人も少なくありませんが、上で書いたポイントを抑えておくと非常にわかりやすいでしょう。
例えばですが、人工透析などは通院しながら行う治療ではあります。
非常に長い時間がかかってしまう治療なのですが、1回の治療について入院料の支払いはありませんので、日帰り入院とはなりません。
反対に、深夜に救急車で運ばれるようことがあり、その後治療のためにいったん入院したものの、容態が落ちついたからその日の夕方には退院したというケースですと、日帰り入院となります。
ここが大きなポイントになってきますので、忘れないようにしてください。ここの基準を忘れてしまうと、どうしようもありません。

ちなみに病院が規定する日帰り入院の判断というのは、朝に入院をしてから検査や手術を行って、そのまま夕方には退院するというものです。
反対に日帰り入院にならないケースとしては、上で書いた人工透析もそうなのですが、他にも点滴なども該当します。
一応手術と分類されますが、外来の処置室などで簡単に行ってしまえるような切除手術なども対象とはならないので覚えておいてください。

保険会社が考える日帰り入院とは?

保険会社の定義としては、入院日と退院日が同じであること、入院料の支払いがあることの2つとなります。
入院料の支払いがあるかどうかは、病院で会計をする時に入院料などと記載された欄に点数や金額の記載があるかどうかで判断をすることができるでしょう。
入院料の請求があるのなら、医師が入院の必要ありと判断した証拠です。
つまり、いずれのケースにしても医師の判断によって決まると言えるので、精算をした時の請求書はしっかりとチェックするようにしてください。

日帰り入院の保障がある場合、そのことを告げると医師の方で入院扱いにしてくれることもあるそうです。


LIFULL保険相談



関連記事

  1. 3大疾病保険のメリット・デメリット

  2. リハビリのために入院した場合は、医療保険で保障されますか?

  3. 主契約と特約との関係性

  4. 保険料の支払いが免除になるのは、どのような場合ですか?

  5. 妊娠中の妊婦でも医療保険に加入できますか?

  6. 医療保険でも契約者貸付は利用出来る?

PAGE TOP