LIFULL保険相談



高額療養費制度を活用するポイント

高額療養費制度は、大きなケガや病気などで長期の入院が必要になったり、手術が必要になった場合に、高額になる医療費の自己負担を軽減してくれる、とてもありがたい制度です。日本の健康保険制度によって、医療費の自己負担額は基本的に3割になっていますが、手術などで医療費が50万円かかった場合には、15万円の自己負担となります。

しかし、高額療養費制度によって、ひと月の自己負担限度額が定められているので、これ以上の金額は高額療養費として還付してもらえます。ここでは、高額療養費制度を上手に活用するためのポイントなどをご紹介します。

高額療養費制度を活用するためのポイント

高額療養費制度を活用するために、まず押さえておきたいポイントは、高額療養費の申請は月単位であると言うことです。

月始めから月末までの医療費が、高額になった場合に、一定の自己負担額を超えた部分の医療費が、還付されるのが高額療養費制度です。ケガや病気などで入院が必要になった場合には、月をまたがないようにすることで、高額療養費制度を最大限に活用することが出来ます。

また、高額療養費制度は、世帯合算で、さらに医療費が軽減されることもあります。

家族で同じ月に、入院が重なったりして、ひと月の医療費が高額になることもあるでしょう。そのような場合には、家族の医療費を合算して、医療費の負担がさらに軽減されることもありますので、しっかりと覚えておいてください。

高額療養費制度について知っておきたいこと

高額療養費制度について知っておきたいことは他にもあります。高額療養費の対象になるのは、あくまでも保険適用される診療に対してのみです。医療費全てが保険適用になるわけではありません。

例えば先進医療は保険適用外ですし、入院した際の差額ベッド代や入院中の食事も適用外です。これらの保険適用外となる費用については、医療保険などで備えておく必要があります。

  • また、高額療養費の支給が受けられる権利は、診療を受けた月の翌月初日から2年間あります。2年以内であれば、高額療養費の申請ができ、払い戻しを受けることができます。申請の際には、医療機関でもらう領収書が必要になるので、きちんと保管しておきましょう。

LIFULL保険相談



関連記事

  1. 保険料を前納しておくと後で楽が出来る?

  2. 上皮内癌・上皮内新生物とは?

  3. 生存保険金はどんな保険でも受け取れる?

  4. 保険加入の前からかかっていた病気・持病を原因とする入院でも保障されます…

  5. 入院給付金は海外で入院した場合でも保障されますか?

  6. 医療保険の指定代理人請求

PAGE TOP