LIFULL保険相談



手術給付金の10倍・20倍・40倍って何ですか?

医療保険に加入するとき、パンフレットを見ていると、手術給付金のところで10倍・20倍・40倍という記載があるケースがあります。
この10倍というような記載は、どういうことなのかについて考えてみましょう。

手術給付金の基本は入院日額にある?

手術給付金というのは、怪我や病気が原因となって手術で治療を行う時に、その手術が保険会社所定のものであれば、受け取ることができる保険金のことです。
この手術給付金ですが、多くの場合は入院給付金日額にあわせる形で支払われます。
その時の目安となっているのが、10倍・20倍・40倍という表記です。

この表記というのは、入院給付金日額の10倍・20倍・40倍という意味となります。

所定の手術によって違ってくるのですが、それぞれにいずれかの倍額をかけた金額が給付されるという形です。
他にも、入院給付金日額が5000円の場合、最高で20万円というような記載のされ方もあります。

手術給付金の対象となるかどうかは約款に記載されており、手術の種類ごとに倍率も記載されているのが一般的です。
ちなみにですが、手術給付金に関しては支払い制限がありません。
このことから、1回の手術において2種類以上の手術を行い、かつ、そのいずれの手術も給付金対象であるのなら、2回分もらえるのかと思う人も多いでしょう。
この場合の給付金に関しては、最も倍率が高い手術のみが給付対象となることを覚えておくと良いでしょう。
最近では、手術ごとに倍率が定められているのではなく、倍率そのものを一律にしている保険も多くなっていますし、入院給付金の日額に関わらず定額となっているケースもあるので、事前にチェックしておいてください。
一般的なケースでは入院給付金の日額を増やしておけば、それだけ手術給付金も多く受け取ることが可能だと言って良いでしょう。
ただし、その分保険料も高くなりますので、自分の資産とあわせて考える必要があります。

日帰り手術の場合はどうなるの?

一昔前と比較すると、医療技術も進歩しており、手術に対して入院する日数というのはどんどん減ってきています。
近年では日帰りで行うことができる手術というものも増えており、入院していないのだから医療保険の対象外と考えてしまうことも多いようです。
しかし、日帰り手術であっても所定の手術でさえあれば、給付金の対象となりますので、きちんと請求するようにしてください。

どの手術が給付金の対象になるのかは、契約の約款に記載されてあるのは書いた通りですので、事前に確認しておくと良いでしょう。


LIFULL保険相談



関連記事

  1. 特約とは?

  2. 受取人の変更に必要な書類と注意点について

  3. 2つの医療保険に加入すると、一度の入院で2つの医療保険から給付金を受け…

  4. 保険加入の前からかかっていた病気・持病を原因とする入院でも保障されます…

  5. 保険料を前納しておくと後で楽が出来る?

  6. 上皮内癌・上皮内新生物とは?

PAGE TOP