LIFULL保険相談



事故で死亡した時は、補償されますか?

保険に加入しようとする時に重要なのが、どの点が保障されているかです。
一般的に医療保険とは、様々な病気や怪我によって入院や手術を行った時に対する保障のついた保険になります。
しかし、何かしらの事故によって死亡してしまったという時には、どうなるのかという点を考えてみましょう。

死亡時に支払われる保険って生命保険なの?

医療保険とは上でも書いたように基本的に対象となるのは、病気や怪我の治療です。
対して、生命に関する保険としては生命保険があります。
生命保険にも様々なものがあるのですが、病気や事故にかかわらず死亡した時の保障を定めたものだと考えてください。
ですので、死亡時に支払われることになるのは生命保険が第一だと言えます。
ただし、医療保険でも保険金を受け取ることができるケースがあります。
最近でこそ死亡時にも対応しているという医療保険も増えてきているのですが、従来の保険であっても特約などをつけることによって、保険金の支払いを受けることができるのです。
特約とはその保険において、保障内容を厚くするための特別な契約のことで、保険金をある程度上乗せすることによって、本来ならカバーしていない部分まで保障してもらうことができる制度になります。

つまり、従来の医療保険であっても特約などをつけることで、事故による死亡時に保険金をもらうことができるでしょう。

ただし、保険の内容や特約というのは保険会社ごとに違ってきますので、しっかりと確認するようにしてください。
現在加入している保険が対応しているかどうかを知りたいのなら、メールや電話などで問い合わせをしておくようにしましょう。

また、その際にはどういったケースが支払い対象になるかどうかの確認も行っておくと、後になってトラブルになることを防ぐことができます。

医療保険と生命保険の関係って?

そもそも医療保険というのは生命保険の特約として付帯されていることが主でした。
しかし、近年では単体の保険として取り扱う保険会社が増えてきているようです。
テレビなどの宣伝で良く見るがん保険に関しても同じことが言えます。
単体にして生命保険の役割と分担させることによって、保険金を割引するという目的もあり、保険料を控えたい人にとってはありがたい保険かもしれません。
ただし、上でも触れたように各保険会社によって、保障内容などは異なってきますので、どこまでが保障範囲なのかしっかりと確認するようにしてください。
最近ではオンラインにて簡単に問い合わせや資料請求ができますので、気軽に申し込みをすることができます。


LIFULL保険相談



関連記事

  1. 「通院」と「日帰り入院」の違いは何ですか?

  2. 通算支払限度日数とは?

  3. 医療保険の夫婦型とか家族型とは何ですか?

  4. 第1回保険料相当額を支払うと契約開始?

  5. 生命保険の団体扱はお得?

  6. 給付対象となる手術を教えて下さい。

PAGE TOP