LIFULL保険相談



差額ベッド代は保険でまかなえる?

入院の費用を大きく左右しているのが、実は差額ベッド代です。しかし、この差額ベッド代について、詳しく知らない方も多いのではないでしょうか。ここでは、差額ベッド代が健康保険対象になるのか等、詳しくご紹介したいと思います。

差額ベッド代は保険でまかなうことが出来るの?

医療費は、健康保険によって通常3割負担となります。また、高額療養費制度によって、基本的に80,100円以上の医療費については、一定の割合で払い戻しがありますしかし、

  • 差額ベッド代は、健康保険や高額療養費制度の対象にはなりません。
  • そもそも、この差額ベッド代とは、健康保険適用の範囲ではない、病室の費用のことです。基本的には、大部屋ではなく、1人から4人部屋に入院した時に、この差額ベッド代がかかります。差額ベッド代が必要になる病室は、特別療養環境室とも言われています。
    差額ベッド代がかかるときには、同意書にサインをしたり、患者自らが特別療養環境室を希望した場合です。一病室の病床数が4床以下であることや、病室の面積が一人
    当たり6.4平方メートル以上であること、病床のプライバシー確保のための設備があること、などが特別療養環境室の条件となっています。差額ベッド代の平均額は、一日あたり一人部屋の場合には、7,558円となっています。

    差額ベッド代は拒否することも出来る

    長期の入院になれば、差額ベッド代もかなりの負担になるのですが、この差額ベッド代は、拒否することもできます。差額ベッド代を支払わなくても良い条件とは、患者が同意書による同意を確認していない場合や、治療上の必要で、差額ベッド室に入院した場合、また、入院患者の院内感染を防止するためなどの病棟管理の必要性などで、患者さんの選択ではなく差額ベッド室に入院させた場合です。

    しかし、現実的には、差額ベッド代の支払いを拒否したり、同意書にサインをしないのは難しいことです。大部屋の空きがなく、個室をすすめられ同意書のサインを求められた場合、それを拒否したために、他の病院をあたってください、などと言われる可能性もあります。

    • 差額ベッド代を拒否したい場合には、経済的な余裕がない、大部屋を希望します、と、まずは病院側に相談してみると良いでしょう。

    • LIFULL保険相談



関連記事

  1. 知っておきたい保険会社の責任準備金について

  2. 悪性新生物とは?

  3. 収支相等の原則と保険の関係

  4. どのような状態が高度障害状態と呼ばれるの?

  5. 医療保険でも契約者貸付は利用出来る?

  6. 家族構成の変化による型変更について

PAGE TOP