LIFULL保険相談



医療保険の指定代理人請求

医療保険や生命保険などに加入する上で覚えておきたいのが指定代理人請求です。指定代理人請求というのは読んで字のごとく、代理人を指定して請求することができる制度です。では詳しい指定代理人請求の内容と、注意点などを見てみましょう。

指定代理人請求とは

指定代理人請求は保険金の請求を被保険者に代わって指定代理人が行うことです。

しかし誰でも指定代理人になれるわけではありませんし、勝手に指定代理人が保険金の請求をすることができるわけでもありません。指定代理人請求ができるのは被保険者に特別な事情があったときだけです。

特別な事情とは何かというと、基本的には傷害や疾病のため保険金等の請求をしようとする意思表示が被保険者にできない場合、治療する上で傷病名や余命宣告をしていないときです。

ですからたとえば病気で生死の境をさまよっている意識不明の状態や、ガンと家族だけに告知した場合などは被保険者に代わって指定代理人が保険金を請求することができるのです。

なお契約者と被保険者が同じなら保険料払い込み免除の申請も代理請求の対象となります。指定代理人はいつ指定するかというと、保険を契約する際、申込書に記入し、被保険者が承諾すること、指定代理人になる人に十分な説明をしていることが大切です。

指定代理人請求の注意点

指定代理人請求は誰でもできるわけではなく、資格を持った人でなければ指定代理人になることはできません。

では誰が指定代理人になることができるのかと言うと、被保険者から見て戸籍上の配偶者、直系血族、同居あるいは生計を同一にしている被保険者の三親等以内親族になります。

もちろん保険金を請求するときも指定代理人はこの3つの範囲内に治まっていなければなりません。

もし離婚などで指定代理人にしていた妻がいなくなった場合は別の人たとえば子供などに名義変更する必要があります。なお被保険者に保険金の請求があったことは知らされませんので、被保険者が後から保険内容が変わった、保険契約が消滅したと知ったときに対応できるようにしましょう。

そうしなければ保険会社は被保険者から契約内容の問い合わせを受けたとき、回答しなければなりませんのでトラブルになります。


LIFULL保険相談



関連記事

  1. 悪性新生物とは?

  2. 通算支払限度日数とは?

  3. 三大疾病での入院が無制限の医療保険のメリット・デメリットを教えて下さい…

  4. 重粒子線がん治療の認知と理解

  5. 入院保険金と疾病入院保険金の違い

  6. 高額医療費貸付制度とは?

PAGE TOP