LIFULL保険相談



医療保険の契約概要は良く読んでおこう

医療保険を契約するなら契約概要は必ず読んでおくようにしましょう。契約概要は申し込みの際、申込書に付属している紙に書かれていることがほとんどです。読み飛ばしてしまう人も多いのですが、契約概要はなぜ重要なのでしょうか。

契約概要の重要性

契約概要がなぜ重要化というと、あなたが申し込みをしようとしている保険商品の注意事項が書かれているからです。保障期間はどのくらいなのか、告知項目には何があるのか、どのような場合給付金を受け取ることができるのか、給付金を受け取ることができない場合はどのような場合か、保障内容は何かなどすべて書かれています。

もしも契約概要をよく読まずに契約してしまっても、後から給付金が下りないというトラブルが発生しても文句は言えないのです。

また保険担当者が直接申込書を受け取りに来る場合、大抵契約概要について説明されます。非常に長く感じるので聞き流してしまうことも多いのですが、契約約款よりは短いので聞くようにしましょう。

契約概要でチェックしておきたいこと

契約概要でチェックしたい項目は契約することができる人の条件、契約の注意事項、保障内容、給付を受けることができない場合です。本当はすべて読んで欲しいのですが、ピックアップするならこの辺りになります。

契約することができる人というのは健康条件を満たす人のことで、たとえば過去5年間でがんで入院、手術をしたかどうかといった告知項目に該当しないことです。

注意点には場合によっては保険料が割り増しになることや給付に制限がかかることがあると言うようなことが書かれています。保障内容はあなたが契約しようとしている保険の内容で、入院給付金日額や手術給付金の内容、特約や死亡保障など様々な内容となっています。

意外と大切なことが給付金を受け取ることができない場合で、保険トラブルの元になりやすいことです。災害時死亡は死亡保障を受けることができるのか、上皮内新生物の場合診断金は下りるのかなど、覚えておきたいことが書かれていますのでしっかり内容を見て把握して置いてください。


LIFULL保険相談



関連記事

  1. 終身型と定期型のメリット・デメリットを教えて下さい。

  2. 上皮内新生物はガンではないのか?

  3. 生命保険契約者保護機構とは

  4. 医療保険の夫婦型とか家族型とは何ですか?

  5. 給付対象となる手術を教えて下さい。

  6. 保険における据え置きとは

PAGE TOP