LIFULL保険相談



特定疾病保障保険では全ての「がん」をカバーできないのですか?

医療保険では病気や怪我の手術や入院をすると給付金をもらえますが、すべてのケースで対応できる訳ではありません。
特に気になるのはがんについてでしょう。日本人の死因でも高い率を占めているがんは、ある程度の年齢になってくるととても怖い存在だと言えます。
また、治療に関しても一般的なものだけではなく、様々な治療方法があることから、保険に加入しておきたいと考える人も少なくありません。
そこで医療保険におけるがんの扱いについて考えてみましょう。

がんの保障を厚くするなら特定疾病保障保険に加入すべき?

特定疾病保障保険とは医療保険における三大疾病保障特約ともいうべきものです。
一般的にがんに対する保険としては、がん保険があります。
しかし、がん保険では医療保険のように全般的な保障を受けることができず、がんが理由になった時にのみ保障がなされるものです。
つまり、医療保険においてがんの保障を厚くするのなら、三大疾病保障特約をつけるか、別途がん保険に加入するという形がとられます。
ただ別途がん保険に加入するとなると、保険料がその分多くなってしまうので、特約としてつける人も少なくありません。

この特定疾病保障保険ですが、がんだけに対応するのではなく、心筋梗塞、脳卒中にも対応しているものです。
心筋梗塞にしても脳卒中にしても、日本人の死因の上位を占めるものですので、保障としては安心しやすいでしょう。
特定疾病保障保険では、通常の死亡保険に加えて約款に所定されている高度障害に見舞われた時には、高度障害保険金が支払われます。

特定疾病保障保険ではすべてのがんに対応しているの?

  • 特定疾病保障保険で対応しているがんというのは、悪性新生物と判断されるものだけです。

  • 一般的に悪性新生物とは、がんのことを指す言葉なのですが、実はすべてのがんが含まれるわけではありません。
    上皮内新生物であったり、上皮内がんというのは、悪性新生物の定義に含まれないことから、特定疾病保障保険の給付対象とはならないのです。
    また、約款の所定にある条件としては、初めて悪性新生物に罹患したと、医師によって病理組織学的所見で診断が確定した時とあります。

    • つまり、初めて悪性新生物があるという時にのみ対象となるので、2回め、3回めというようなケースでは給付対象にならないのです。

    • この2つの点は、特定疾病保障保険において勘違いをしている人も多いので、しっかりと理解しておく必要があるでしょう。
      後になってトラブルにならないためにも、忘れないようにしてください。


      LIFULL保険相談



関連記事

  1. 年満了・歳満了とは?

  2. 終身保険は一生保険料を支払う?

  3. 医療保険と所得補償保険の違いを教えて下さい。

  4. セカンドオピニオンサービスは必要か?

  5. 医療保険の歳満了の問題点

  6. こども保険に医療保険はあるのか?

PAGE TOP