LIFULL保険相談



医療保険で高度障害保険金は受け取れる?

医療保険は、病気や怪我などをして、入院したり手術を受けたりした時などに受け取ることが出来る給付金以外に、高度障害状態になった場合に受け取ることができる、高度障害保険金もあります。
この、高度障害保険金は、どんな状態になった場合に受け取ることができる保険なのか、また、高度障害保険金が受け取れないケースもあわせてご紹介します。

医療保険の高度障害保険金は、どんな状態になった時に受け取れるのか?

高度障害保険金の支払対象となる高度障害状態は、7つに分類されています。
1,両眼の視力を完全、永久に失うことや、2,言語、または咀嚼の機能を完全に永久に失うことです。
また、3,中枢神経系、精神、あるいは、胸腹部臓器に著しい障害を残し、一生涯、他人の介護が必要なること、さらに、4,両上肢とも手関節以上で切断されるか、または機能が完全に麻痺してしまうこと、5,両下肢とも、足関節上で切断されるか、または機能が完全に麻痺してしまうことです。
さらに、6,1上肢を手関節以上で切断され、かつ1下肢を足関節以上で切断、または機能が完全に麻痺してしまうこと、そして、7,1上肢の手関節以上を切断、かつ1下肢の足関節以上の機能が完全に麻痺してしまうことです。

この7つの項目のうち、どれかに当てはまれば高度障害保険金を受け取ることができます。この、高度障害の状態になる原因が、医療保険の責任開始日以降に発生した、約款に所定された不慮の事故が原因の障害、もしくは発病した病気であることが条件となります。

また、これらの症状の回復が、一生涯見込めないことも条件となります。高度障害保険金は、受け取っても非課税となっています。

高度障害保険金が受け取れないケースとは

  • 高度障害保険金が受け取れないケースもあります。それは、医療保険の約款に定められた高度障害状態に当てはまらないケースや、症状が固定されていないケースです。
    • また、約款所定の高度障害状態だったとしても、その原因が、医療保険の責任開始日以前に発生した障害、あるいは発病した病気だったケースです。そして、保険契約者か被保険者による、自傷や自殺行為などの故意によって高濃度障害状態になったケースでも高度障害保険金を受け取ることはできません。

    LIFULL保険相談



関連記事

  1. 医療保険はどのような場合に失効するのか

  2. 収支相等の原則と保険の関係

  3. 保険料の払い込み期間は、どのような考え方で決めたら良いですか?

  4. アクチュアリーと保険業の関係について

  5. 差額ベッド代は保険でまかなえる?

  6. うつ病などの精神疾患の人でも医療保険への加入はできますか?

PAGE TOP