LIFULL保険相談



医療保険でがん・ケガについても保障されますか?

良くある質問の1つに医療保険は、どこまで保障されるのかというものがあります。
最近では医療保険の他にもがん保険なども出てきていますが、保険料のことも考えるとあれもこれもと加入する余裕のある人は少ないでしょう。
そこで医療保険ではがんや怪我についても保障対象となるのかについて考えてみます。

そもそも医療保険では何が対象になる?

医療保険というのは、病気によって入院や手術をした時に給付金を受け取ることができる保険と思っている人も少なくありません。
しかし、病気が理由だけではなく、怪我が原因となった入院や手術に関しても、給付金を受け取ることができるのです。
もう1つ気になってくるのが、がんについても保障してくれるのかという話です。
勿論、病気が理由の入院や手術に関して保障する保険ですので、がんについても保障の範囲内だと言えます。
しかし、がん保険と比較するとどうしても保障内容は劣ってしまうと考えてください。

医療保険とがん保険の違いを知っておこう

医療保険というのはすべての病気や怪我に対応している保険です。
対して、がん保険というのはその名称どおりに、がんが理由の場合のみに限られてしまいます。
しかし、がんに特化しているだけあって、医療保険よりも手厚い補償を受け取ることができるのが大きな違いだと考えてください。
日本人の死因としても年々がんというのは増加しているものです。
がんに対する備えというのは、しておくにこしたことはありません。
治療できるものであるにしても、長期間の入院加療が必要になってくるケースが多く、一般的な医療保険では賄えないことも少ないようです。
そこで、がん保険に加入するかどうかを決めておくのも悪くはありません。

医療保険とがん保険では、その保障内容がかなり違ってきます。
医療保険と同じ程度の保険料であっても、かなりの違いが出てきますので、心配な人は資料請求をするなりして比較してみると良いでしょう。

近年ではインターネットから簡単に資料を請求したり、見積もりを一括で取ることが可能です。

ちなみに医療保険でも特約をつけることで、がんに対する補償を手厚くすることができます。
一般的にはがん特約という形で呼ばれているのですが、比較的に保険料も手頃であり、手軽に利用したい人にはお勧めできるかもしれません。
医療保険とがん保険の両方に加入するよりも、保険料が安価になることが多いので、考え方の1つとして覚えておくと良いでしょう。

日本では公的な医療保険制度が充実していますので、近年ではがん保険のみに加入するという人も増えているそうです。


LIFULL保険相談



関連記事

  1. 健康保険制度を利用した医療制度とは

  2. 保険料払込免除特約とは?

  3. 医療保険は交通事故による入院でも入院給付金はもらえますか?

  4. 指定代理請求人制度とは?

  5. 三大疾病での入院が無制限の医療保険のメリット・デメリットを教えて下さい…

  6. 生命保険の団体扱はお得?

PAGE TOP