LIFULL保険相談



自由診療ってどのような診療?

医療を受けるときにポイントとなるのが自由診療と保険診療の2つです。自由診療は健康保険が適用できない診療で、たとえば厚生労働省認可外の薬や治療を受けること、美容整形を受けることなどが該当します。

では自由診療のあり方や保険診療との違い、注意点や混合診療について見てみましょう。

自由診療と保険診療

保険診療は厚生労働省によって承認された薬や治療を行い、3割負担、さらに高額療養費制度が適用されるため治療費の上限が決められています。

一方の自由診療は健康保険が適用されませんので全額自己負担しなければならず、高額療養費制度も適用されません。この自由診療の治療費は病院で決めることができるため、同じ治療法でも病院によって差が生まれます。

たとえばがん治療に使われる抗がん剤でも、厚生労働省で承認されている物とされていない物があるのですが、実は日本は薬や治療の承認が下りるのが非常に遅い国であるため、日本国内で治療に成功したという事例がある治療や薬でも、承認がいまだに下りていない物も数多くあるのです。

混合診療と医療保険

たとえばがん治療において、厚生労働省から承認されていない抗がん剤と保険診療と認められている手術、放射線治療が同時に行われた場合、医療費の計算はどうなるのでしょうか。

実は自由診療が一つでも含まれているとその他の治療もすべて全額自己負担となり保険が適用されません。

最近話題の先進医療も自由診療に含まれますので全額自己負担となりますし、家計を圧迫する原因にもなるため自由診療に踏み切れない人も多いのです。ただし、医療保険やがん保険に加入している場合、自由診療を受けても保障を受けることは可能です。

昔加入したという保険の場合、自由診療は認められないとしている場合もありますが、最近の保険では美容目的の整形など、治療以外の目的でない限り今は加入している保険でカバーできることも多いのです。

先進医療特約など、実際に病気になったときを想定して選ぶと良いでしょう。


LIFULL保険相談



関連記事

  1. 抗がん剤治療特約とは?

  2. 災害入院給付金とは?

  3. 医療保険の加入条件を教えて下さい。

  4. 複数の手術を同時に受けた場合、手術給付金は2回分もらえますか?

  5. 更新をすると、通算支払限度日数はどうなりますか?

  6. 自営業とサラリーマンの保険の違い

PAGE TOP