LIFULL保険相談



妊娠中の妊婦でも医療保険に加入できますか?

怪我や病気が理由で手術や入院をした時に、保険金を受け取ることができるのが医療保険というものです。
この医療保険というのは、妊娠中の女性でも加入できるのかと考えている人もいるかもしれません。
妊娠・出産というのは女性の身体にとって、大きな変化をもたらすものです。
かなり大きなリスクを抱えることになるので、万が一の時のことを考えると保険に加入しておきたいと思っても不思議ではありません。

妊娠中の女性でも医療保険に加入できる?

結論を書いてしまいますと、妊娠中であっても医療保険への加入は可能です。
ただし、加入する場合に条件がついてきます。
保険というのは相互扶助の精神で作られているものですので、公平性を保つためには加入条件が必要となってくるのです。

  • 条件の1つとしては、母子手帳において初回診察記録をされた日から妊娠27週目までなら、妊婦でもほとんどのケースで加入することができます。

  • 28週目以降となってくると条件付きであっても難しくなってきますので、医療保険に加入するのなら早めに検討しておくべきです。

    27週目までの妊婦さんであっても医療保険に加入をするには特定部位の不担保という条件がついてきます。
    特定部位の不担保というのは、保険会社が定めた特定の部位に生じた疾病が直接的な原因となって治療の必要があった場合、不担保期間中であれば給付金の対象にはならないというものだと考えてください。
    妊婦が医療保険に加入するケースで考えるのなら、子宮に生じた疾病という形が一般的です。
    この条件は妊娠もしくは分娩に異常が起こってしまった時に、帝王切開をすることも考慮されています。

    • つまり、特定部位の負担保条件があるのなら帝王切開などでは給付金の対象となりません。

    • ただし、不担保期間が終わっているケースでは、給付対象となってきますので、その点は覚えておくと良いでしょう。

      帝王切開した後には医療保険には加入できない?

      基本的に医療保険に加入をするには保険会社に告知をしなければいけません。
      この告知では過去5年以内に入院や手術を受けたことがあるのかという設問があります。
      ここで帝王切開を経験していたのなら、必ず申告をする必要があるのです。
      ただし、この申告をしてしまうと保険に加入できない可能性が高くなります。
      帝王切開を行った経験があると、5年以内に医療保険に加入するのは難しいでしょう。
      つまり、医療保険に加入するのなら妊娠前に加入しておくことが重要です。
      近年では少額で加入できる短期の医療保険などもあるので、そちらも選択肢の1つとして考えてみてください。


      LIFULL保険相談



関連記事

  1. 終身払込は得か損か

  2. クーリング・オフ制度が使える期間は?

  3. 手術給付金の10倍・20倍・40倍って何ですか?

  4. 傷病手当金の支給額と支給期間

  5. 上皮内新生物はガンではないのか?

  6. 収支相等の原則と保険の関係

PAGE TOP