LIFULL保険相談



よくある疾患の患者会について・患者会では何を行うのか?

患者会、と言う言葉を聞いたことがある方は多いと思いますが、これはある一定の疾患に対し、患者あるいはその家族が集まる団体のことです。難病に指定されている病気に良く見られるのですが、当事者が集まるからこそ話をすることができ、分かち合い、支えあうことができるのです。ではそんな患者会にはどのようなものがあり、どのような活動をしているのでしょうか。

がんの患者会

がんは日本人の死因トップに君臨している病気ですが、患者数が多い分患者会への参加人数も多いことで知られています。患者会があるのは患者自身の辛い思いや現状、気持ちを聞いてもらう、聞く場を設けるためです。というのもがんと判明した時点では患者家族や周囲の人も話を聞いてくれるのですが、時間が経つにつれ患者の話を聞くことに疲れてきてしまいます。

そうすると患者自身も話すのをためらってしまうため、悩みや相談したいことがあっても言い出せなくなってしまうのです。治療だけではなく、日常生活のことなど、様々なことを話すことができる、それが患者会です。

自分と同じ立場にある患者さんと話すことで、つらいのは自分だけではないと分かりますし、気持ちを分け合い、楽になります。ただ集まって話すだけではなく、メールや電話で話すと言う方法もあります。

患者が集まる患者サロン

患者会の会員が集まり、患者だけではなくその家族も一緒に話し合うことができるのが患者サロンです。この集まりは患者会の少ない地域にもあり、医療機関や公民館などを利用して定期的に集まる自治体、病院も増えています。利用したいと考えている方は、病院やネットなどで情報を集め、まず足を運んでみましょう。

内容を知りたいと言う場合は見学会を利用すると言うのも一つの方法です。もちろん資料を取り寄せることもできますし、見学してから参加するかどうか決めることもできますので、患者会に興味のある方は問い合わせてみるといいでしょう。


LIFULL保険相談



関連記事

  1. 入院給付金の「通算支払限度」とは何ですか?

  2. 特定疾病保障保険とは?

  3. 保険料の支払いが免除になるのは、どのような場合ですか?

  4. 医療保険の責任開始日はいつになるか

  5. 入院日額5,000円が医療保険加入の標準と聞きましたが、本当にそれで足…

  6. 一時払いは月払い・年払いよりもお得?

PAGE TOP