LIFULL保険相談



契約者変更の手続きに必要な事について

保険契約の途中で契約者変更を余儀なくされることもあります。大抵どの保険会社も契約者の変更は簡単にすることができますが、もちろん用意しなければならない書類もありますので、まずは保険会社に問い合わせてみることが大切です。では保険契約者の変更手続きにはどのようなことが必要なのでしょうか。

保険契約者変更の流れ

契約者変更のためには保険会社が設けているコールセンターや窓口、保険担当者に連絡をします。よく保険会社によってはホームページからお手続きできますといっているところがありますが、住所変更などだけですから注意しましょう。

保険会社に連絡をすると必要書類一式を送ってくれますので確認してください。必要な書類は保険会社によって多少の違いはありますが、契約者変更申請書と変更後の契約者の本人確認書類です。本人確認書類は運転免許証やパスポート、健康保険証などのコピーになります。

なお保険契約者変更には被保険者が同意しなければならず、契約者と被保険者、受取人がどのような関係かによって保険金を受け取るときなどの税金が異なります。書類を揃えたら保険会社に提出し、保険会社で手続きをすれば保険契約者変更手続きは完了です。
変更手続きが完了すると契約内容変更通知書が届きますので保管しておくようにしましょう。

契約者変更の際確認すること

保険契約者変更をするときは、大抵契約番号や証券番号、保険契約者を変更する理由、変更した後の契約者の名前、生年月日、住所と被保険者との関係、保険料振替口座の変更はあるかどうか、取引口座変更はするかどうか問われます。

契約者変更をする理由としては、大抵結婚や離婚、子供の独立など、ライフステージに何らかの変更があるときです。どうしても契約者変更しなければならないと言うときは、まず保険会社に相談しましょう。相談することで、必要な書類や手続き上の注意点などを教えてくれますので聞き逃さないようにしてください。


LIFULL保険相談



関連記事

  1. 指定代理請求特約への加入は必須か

  2. 受取人の変更に必要な書類と注意点について

  3. 定期タイプの医療保険は、病気になったら更新できませんか?

  4. 医療保険給付金の種類を知っておこう!

  5. 妊娠中の妊婦でも医療保険に加入できますか?

  6. 医療保険は何歳から加入できますか?

PAGE TOP