LIFULL保険相談



悪性新生物とは?

悪性新生物とはいわゆるガンのことで、日本人の死因トップ3に入る非常にかかる可能性の高いものです。
さらに悪性新生物は体の中であればどこにでもできる可能性がありますから、定期的な健康診断や自己触診などが必要になります。
では悪性新生物とは具体的に何か、また医療保険で支払われる悪性新生物の対象は何か見てみましょう。

悪性新生物とは一体何か?

体中の細胞に侵食し、進行して増える腫瘍の内、異常細胞が広がっていく、他の臓器に移ると言ったことで生命活動を危険にさらすものを悪性新生物といいますが、実は表面上にできる上皮細胞ガンと骨や筋肉にできる肉腫に分けられています。

一例で見てみると、女性特有のガンであり、最近患者数が増えている子宮頚ガンの場合は基底膜を超え、上皮細胞と間質細胞に広がるもの、先日個性派俳優が亡くなる原因となった大腸がんは粘膜筋板を超え、上皮細胞から粘膜下層まで広がった状態が肉腫と呼ばれる悪性新生物になります。
上皮新生物の場合、上皮に留まっているため病状は深刻にならないものが多く、子宮頚ガンの場合は上皮細胞だけ、大腸がんは上皮細胞と粘膜固有層までとなります。

悪性新生物の対象になるのは肝臓がんやすい臓がん、甲状腺がんに悪性リンパ腫や白血病などで、上皮新生物の対象となるのは大腸の粘膜内ガンに乳腺非浸潤性乳管がん、子宮頚ガン上皮内ガン、子宮頚部高度異形成などが該当します。

医療保険の対象となる悪性新生物

悪性新生物はすべてが医療保険の対象となるわけではないと聞くと、ほとんどの方はガンに備えて医療保険に入ったのに、と思うでしょう。
ですが悪性新生物とは別に上皮新生物があると言うことは、支払いの対象も変わると言うことになります。
医師から悪性新生物と診断されれば医療保険は全額給付されると考えていいでしょう。

ところが悪性新生物ではなく、上皮新生物だった場合保険金は下がるか、あるいは給付されないことがあります。

最近では悪性新生物と上皮新生物の違いに大きな不満を訴える契約者が多いことから、悪性新生物でも上皮新生物でも、まったく同額の保険金を受け取ることができるとした保険会社も増えています。

しかし昔医療保険に加入したと言う方や、上皮新生物は対象外とした保険会社と契約した方の場合、医師から上皮新生物と診断されると悪性新生物と同じ扱いがされないこともありますから見直しが必要です。
それでも悪性新生物は怖いものですし、医療が進歩しても医療費は大変高額なものになります。

入院日数も長くなりますし、収入も途絶えてしまうことが多いので、悪性新生物のことを見据えた保険の加入を検討したほうがいいでしょう。


LIFULL保険相談



関連記事

  1. 医療保険の責任開始日はいつになるか

  2. リハビリのために入院した場合は、医療保険で保障されますか?

  3. 保険の相談はソーシャルワーカーへ

  4. 指定代理請求特約とは?

  5. 2つの医療保険に加入すると、一度の入院で2つの医療保険から給付金を受け…

  6. 保険料を前納しておくと後で楽が出来る?

PAGE TOP