LIFULL保険相談



三大疾病入院一時金特約とは?

医療保険を検討する上でチェックしておきたい特約の一つが三大疾病入院一時金特約です。
日本人の死因トップ3となっているガン、心疾患、脳疾患の際に支払われる一時金の特約ですが、注意点もありますので覚えておくと便利です。

三大疾病入院一時金特約の基礎

三大疾病はガンや脳卒中、心筋梗塞の3つの疾病のことを指しますが、いずれかに該当する診断を受けたときに、保険会社から一時金を受け取ることができる特約が三大疾病入院一時金特約になります。
あるいは特定疾病という言い方をする保険会社もあるのですが、特約としてではなく、保険主契約として取り扱っている保険会社も今は多いです。

三大疾病が日本人の死因トップ3を占めるのは、実に55%の方がいずれかの疾病で亡くなっているからです。

そのうえ医療費は非常に高いことで知られており、三大疾病入院一時金特約の重要性が伺えます。

具体的な支払い条件は、悪性新生物・がんと診断された、急性心筋梗塞によって所定の陥った、脳卒中で所定の状態に陥った、死亡あるいは高度障害を負った場合です。

三大疾病入院一時金特約の注意点

保険プランナーの中には三大疾病入院一時金特約は不要と言う意見を持つ人もいるのですが、これは支払い条件が厳しいことに理由があります。

では具体的な条件とは何かと言うと、三大疾病に係り、所定の状態に陥ったときだけ給付されると言うことです。

この所定の状態は保険会社によって異なりますので、営業担当者に問い合わせることが確実な方法です。
支払い要件について多くの保険会社が挙げる詳しい内容を見てみると、ガンの場合は責任開始日以降、初めて悪性新生物にかかり、医師が診断を下した場合となっています。

急性心筋梗塞は急性心筋梗塞を発症し、診断がおりてから60日以上働くことに制限が設けられる状態が続くと診断された場合です。
脳卒中の場合は初めて脳卒中と診断されたその日から60日以上、言語障害や運動失調、麻痺と言った神経学的後遺症が続くと医師に診断された場合、くも膜下出血と脳内出血、脳梗塞だけが対象となります。

つまり、三大疾病にかかって入院したとしても、要件を満たさなければ一時金を受け取ることはできないと言うことです。
ですが三大疾病の場合、入院だけではなく退院後の通院やリハビリなどにもお金がかかりますから、決していらないとは言い切れません。
三大疾病入院一時金特約が必要かどうか判断するのは最終的には契約者、被保険者となる方になりますから、パンフレットや資料を請求し、よく検討することが大切です。


LIFULL保険相談



関連記事

  1. うつ病などの精神疾患の人でも医療保険への加入はできますか?

  2. ソルベンシー・マージンの比率と比較

  3. 主契約と特約との関係性

  4. 入院中に保険期間が終了したら、入院給付金の受け取りは出来ませんか?

  5. 日本医師会による混合診療とは

  6. 特定疾病保障保険とは?

PAGE TOP