LIFULL保険相談



長期入院の途中に給付金を請求することは可能ですか?

医療保険の給付金というのは、一般的には退院をした後に請求するものです。
言い換えると、一旦は自分で治療費や入院費を負担する必要が出てくるいうことです。
しかし、短期での入院で治療できれば良いですが、長期間入院をするような場合は入院費用を工面するのが難しい場合もあるでしょう。
そこで長期間の入院をしている途中に給付金を請求できるのか、考えてみます。

長期入院中の給付金請求について

原則として長期入院の場合は、入院中に給付金を請求をすることができます。

ただし、請求できるのはその時点までの分となりますので、給付金の請求をした後に退院するまでの期間分というのは、また別途請求しなくてはいけません。
入院期間によっては、何度かにわけて請求することになるでしょう。
給付金の請求を保険会社に行う時には、医師による診断書が必要となります。
この診断書ですが、給付金の請求を出すたびに提出しなくてはいけませんので、あまりこまめに請求してしまうと、余計なお金がかかってしまうでしょう。
診断書も決して安価なものではありませんので、請求するたびにコストがかかるのは良くありません。
このことからできるだけまとめて請求した方がお得だと考えることができます。

ただし、最近では保険会社によって融通をきかしてくれることも多くいようです。
中には給付金の請求をする際に診断書のコピーでも良いとするようなケースもあるようなので、疑問点や不安点があるのならともかく保険会社に相談をしてみると良いでしょう。
ちなみにですが、診断書なしでも給付金を請求できるという保険会社もあります。
すべての医療保険がそうした対象とはならないのですが、手術を受けておらず、入院日数が少ないなどの条件を満たすことで、診断書が不要となるようです。

入院給付金を請求するには?

では、医療保険において入院給付金を請求するにはどうするのか解説してみます。
手順としては、保険会社に連絡することから始まります。
給付金の請求をしたい旨を伝えると、保険会社から請求に必要な書類が送付されてくるので、書類に記入し診断書を添付して返送してください。
その書類を受け取った保険会社が給付金支払事由に該当するかどうかを審査を行って、無事に通過できれば給付金が支給されます。
一般的には保険会社から指定しておいた銀行の口座に振り込まれるという形です。

保険会社に提出することになる医師の診断書は保険会社が所定するものとなりますので、その点はしっかりと注意しておいてください。


LIFULL保険相談



関連記事

  1. こども保険に医療保険はあるのか?

  2. 上皮内癌・上皮内新生物とは?

  3. 日本医師会による混合診療とは

  4. 危険性が高いスポーツや趣味とは?

  5. 医療保険を申し込む際に、医師の診査は必要ですか?

  6. 更新をすると、通算支払限度日数はどうなりますか?

PAGE TOP