LIFULL保険相談



高額医療費貸付制度とは?

医療費が高くて家計の大きな負担となっていると言う方は今の時代非常に多いと思います。
高い医療費がかかることが分かっているから病院にも行くことができない、そんな方のためにあるのが高額医療費貸付制度です。
では高額医療費貸付制度とは一体どんな制度で、どんな特徴があるのでしょうか。

高額医療費貸付制度とは何?

一般的には治療前であっても、医療費が高額になると見込まれる場合に保険者に申請すると限度額適用認定証が交付され、支払い上限が自己負担限度額となるのですが、所得制限が設けられています。
この限度額適用認定証の交付が受けられない場合に利用できるのが高額医療費貸付制度です。

高額医療費貸付制度は高額療養費受領委任申請書を病院の受付窓口に提出することで治療費の支払い上限額が自己負担限度額になると言うものです。

詳しく説明すると、高額療養費の請求や受け取りを病院に代わりに行ってもらう方法となります。

高額医療費貸付制度の詳細

高額医療費貸付制度があることで、患者がしなければならないことは保険者に高額医療費貸付制度の申請を行うことだけです。
保険者は高額医療費貸付制度の申請を受けると医療機関へ医療費の支払いを行います。
医療機関は患者に対して自己負担限度額だけを請求することとなりますから、患者は医療機関に対して自己負担限度額だけを支払えばいいということになるのです。

しかし貸付ですから当然返済義務が発生するのですが、返済方法は支給申請書を使って、指定の金融機関に振り込むと言う形になります。
なお医療費の減額、不支給などが起こり、貸付金が返済とならなかった場合、あるいは不足した場合、返納通知書が贈られてきますので、期日まで返納する必要があります。

説明だけ見ると非常に面倒、手間と感じられる制度なのですが、医療費を一度に支払うことができない場合に備えて覚えておくと便利な制度です。
申し込み方法も申込書に必要事項を書き込み、書類を添付して保険者に提出するだけです。

保険者は保険健康組合や保険協会になるのですが、添付書類とは医療機関から発行された保険点数が明記された医療費請求書、被保険者証か受給資格者票など、高額医療費貸付金借用書、高額療養費支給申請書になります。
担当窓口で直接申請する場合は被保険者証か受給資格者票などは原本を提示しますが、郵送にて申し込む場合はコピーを送ってもかまいません。

ガンや脳卒中、心筋梗塞などはいつ何時おきるか分からない病気ですから、こうした知識を備えておくことは大切だと言えるでしょう。


LIFULL保険相談



関連記事

  1. 自由診療ってどのような診療?

  2. 医療保険の契約日についての注意点

  3. 傷病手当金の支給額と支給期間

  4. 保険金の支払事由の発生日はいつ?

  5. 終身保険と定期保険の違いは?

  6. 抗がん剤治療特約とは?

PAGE TOP