LIFULL保険相談



終身特約とは?

医療保険にはいろいろな特約があるのですが、その一つが終身特約になります。
終身特約とは何かと考えたとき、すぐに保障が終身になるのでは、と想像する方もいるでしょう。
ですが終身特約にはタイプがありますので、ここでは死亡保障がつけられる終身特約と、定期付終身特約について説明します。

死亡保障つきの終身特約について

病気、怪我の入院や手術のときに役立つ医療保険ですが、死亡保障がつけられるものも今は多く見られます。

通常生命保険でまかなわれる死亡保障ですが、生命保険に別途加入すると家計の大きな負担となるという場合は医療保険に終身特約をつけることで死亡保障を受けられる場合があります。

終身特約のポイントは死亡あるいは高度障害を負ったときに保険金を受け取ることができる特約で、金額は100万円から100万円単位でつけることができます。

また医療保険のほとんどは掛け捨てタイプですが、終身特約をつけることで解約返戻金を受け取ることができます。
終身保険と言う考え方をしていただければ、死亡保障は一生涯続くとお分かりいただけるでしょうが、医療保険に付随するものですから医療保険が解約されれば終身特約も解約となります。

定期保険付終身特約とは一体何?

終身特約の中には定期保険付というものがありますが、これは保険料払い込み期間中であれば保障が大きくなるというものです。

さらに保険料払い込み期間が満了すれば終身保険の保障は生涯にわたって受けることができます。
もしも定期保険特約が更新型であれば保険料は都度上がっていきますが、収入の増加にあわせて選ぶことができることが特徴です。
この定期保険付終身特約は働き盛りの方で普段家族を養っている方向けの保険となっているのですが、選ぶときは更新タイプと全期型の保険料の差、今後支払うと予想される保険料の差で考えるといいでしょう。

定期タイプは更新されれば保険料が大きくなるのはもちろんですが、家族を養うための保険がいつまで必要か考えることも大切です。
終身特約はほとんどの保険会社で取り扱いのある商品で、たとえばある保険会社のホームページを見てみると、一生涯死亡あるいは所定の身体障害表第一級の障害状態となったときに保険金が受け取れるとあります。

保険金額の安い生命保険と考えれば、残された家族の生活費の一部だけではなく、今後必要となるお金をまかなうことができる特約と捉えるといいでしょう。

保険金額によって保険料も異なりますので、まずは資料やパンフレットを取り寄せて保険会社を比較することから始めてみてはいかがでしょうか。


LIFULL保険相談



関連記事

  1. 傷病手当金の支給額と支給期間

  2. 終身医療保険の「終身払い」と「有期払い」のメリット・デメリットを教えて…

  3. 医療保険に加入できない主な原因を教えて下さい。

  4. 子宮筋腫や乳がん等の女性特有の病気を手厚く保障してくれる保険を教えて下…

  5. 長期入院特約とは?

  6. 危険性が高いスポーツや趣味とは?

PAGE TOP