LIFULL保険相談



終身保険は一生保険料を支払う?

被保険者が亡くなったり、あるいは高度障害状態になった時に、保険金の受取人となっていた遺族に死亡保険金が支払われるのが終身保険です。終身保険という名前の通り、保険期間は一生涯である終身保険は、途中で解約しない限りは、被保険者が死亡するまで一生涯保障されます。

保障が一生続くのですから、保険料の支払いも一生続くのでしょうか。ここでは、終身保険の保険料支払いについてや、終身保険のメリットやデメリットなどをご紹介したいと思います。

終身保険は一生保険料を支払う必要があるの?

まず終身保険の払い方ですが、保険期間が長くなりますから、いくつかの種類が用意されています。一度に保険料を全て支払う一時払いや、月払い、年払い、全期前納払いから選ぶことが出来ます。

保険料の払込み期間も、いくつかの選択肢が用意されています。保障が一生涯続く終身保険ですが、保険料の支払いは短期間で終えることも出来るので、一生支払う必要はありません。

払込み期間を、いくつかの選択肢から自分で選ぶことができ、保険期間よりも短く払込みが出来るのが短期払いで、10年、15年、20年、さらに60歳になるまで、あるいは65歳になるまで、といった形で、払込期間が設定出来ます。

もう一つ、生きている限り保険料の払込みが続く、終身払込の方法もあります。

保険料の支払いが一生続く終身払込ですが、短期払込よりも毎月の保険料の負担が軽くなることが終身払込のメリットです。

終身保険は、こんなメリットが

終身保険のメリットは、解約した時点で、払込みをした保険料が戻ってくることです。多くの場合、払込みをした保険料の総額か、もしくはそれ以上の解約返戻金を受け取ることが出来ます。

また、掛け捨てでない保険なので、貯蓄性があることも大きなメリットです。

ですから、教育資金の準備としても利用することが出来ます。教育資金を蓄えると同時に、万が一のことが親に起こった場合に保険料が免除されて、満期保険金が満了期になると支払われるのが学資保険ですが、終身保険の貯蓄性は、これと同じような効果があります。

例えば父親を被保険者として終身保険に契約して、払込み期間を15年くらいと短めに、お子さんの卒業や入学に合わせて設定します。払込み期間が満了する時には、払込みをした以上の解約返戻金を受け取ることが出来ます。

貯蓄性の高い終身保険は、学資保険以外に、老後の生活資金の準備としても利用出来ます。投資信託などの運用手段と比較すれば、当然お金を増やす点では劣るものの、リスクがある運用はしたくない方にも最適な保険です。


LIFULL保険相談



関連記事

  1. 抗がん剤治療特約とは?

  2. 七大生活習慣病とは?

  3. 生存保険金はどんな保険でも受け取れる?

  4. リビングニーズ特約とは?

  5. 契約者貸付の相殺

  6. 医療保険は何歳から加入できますか?

PAGE TOP