LIFULL保険相談



掛け捨て保険のメリット・デメリット

保険には掛け捨てタイプがあり、ずっとお得、お勧めと言う声もありますが、本当に掛け捨て保険はお得なのでしょうか。掛け捨て保険のメリット、デメリットを見て、本当に掛け捨て保険があなたにあっているかどうか見てみましょう。

掛け捨て保険のメリット

掛け捨て保険の最大の特徴は保険料が他の保険に比べて安いことです。保険には満期金や解約返戻金を受け取ることが出来る保険もありますが、このタイプだと保険料は1万円以上します。ところが掛け捨て保険は返ってくるお金がありませんので5000円以内で収まってしまう物が多いのです。

ですから今子供が小さくほかのことにお金をかけていられない、満期金や解約返戻金のある保険に加入できないという家庭でも、子供を養育する親に何かあったときのための保証を備えることができます。

他にも資産運用をFXなどの投資で行っているという方にも掛け捨てはメリットが大きいといえるでしょう。

  • 満期金、解約返戻金がないということは解約するときにデメリットが生じませんから、解約するのも自由ですし、見直しもいつでもすることができますので、ライスステージⅡあわせて保証内容を見直すことが可能なのです。
  • 掛け捨て保険のデメリット

    • 掛け捨てのデメリットはほとんどが定期タイプということです。定期タイプですから保険期間は限られていますし、更新すると保険料は高くなってしまいます。
    • 新たに保険に入ろうとすればまた健康告知をしなければなりませんから、病気にかかった経験がある場合は不利です。

      また所詮掛け捨てですから解約返戻金、満期金にこだわる人にとってはデメリットが大きくなります。

      いざというときにまとまったお金が欲しい、という場合は掛け捨てタイプではなく貯蓄タイプの保険を検討したほうが言いのです、このように、掛け捨てにはメリット、デメリットがありますから、掛け捨てか貯蓄タイプか、比較した上であなたに合った保険を選ぶようにしましょう。


      LIFULL保険相談



関連記事

  1. 入院給付金日額とは?

  2. 七大生活習慣病とは?

  3. がん保障特約とは?

  4. 告知義務違反をすると契約は解除される?

  5. 持病があっても医療保険に加入できますか?

  6. 医療保険の特約の種類を教えて下さい。

PAGE TOP