LIFULL保険相談



検査入院でも入院給付金はもらえますか?

医療保険は入院や手術をすることが給付金の対象となる保険です。
このことから、検査入院でも給付金対象になるのではと思ってしまう人もいるかもしれません。
ここでは検査入院でも入院給付金がもらえるのかを考えてみましょう。

医療保険では検査入院も給付金対象なの?

基本的に医療保険というのは、病気や怪我の治療を目的とした入院や手術をした場合に、給付対象となる保険です。

つまり、検査入院の場合は治療ではなく、飽くまでも検査が目的となるので、入院給付金の対象外となっています。

また、検査入院とニュアンスの近い人間ドッグにしても同じことが言えるので覚えておくと良いでしょう。

ただし、ここで1つ気をつけておきたいポイントがあります。

それは検査入院をしたことがきっかけになって、隠れていた病気が発覚したというケースです。
その病気の治療を行うために、そのまま入院が続き、所定の手術をしたという場合であれば、手術給付金も入院給付金ももらうことができます。

この場合、検査入院をした日まで遡って保険金が支払われることになるので、覚えておいてください。
検査入院をするにしても、病気が発覚しないというのが最も良い結果だと言えます。
しかし、病気が発覚した場合でも医療保険に加入しているのなら、保険金の給付対象となることを覚えておくと良いでしょう。
難しいのは、検査入院でわかったとしても所定の手術とならない場合です。
この場合ですと、所定の手術ではないので手術給付金をもらうことはできません。
また、入院給付金にしてももらえない可能性が出てきますので、詳しくは契約している保険会社に問い合わせをした方が良いでしょう。

他に入院給付金などがもらえないケースってなにがある?

一般的に医療保険では健康保険の対象となっている疾患の治療が所定の治療とみなされていることが多いです。
これはあくまでも医療に関する保険であるからという理由になります。
つまり、医療とは言いがたい手術をした時などは給付金の対象にはならないのです。
最近では美容整形などの手術を受ける人も多いのですが、これらの手術に関しては治療ではないことから、給付金の対象ではありません。
ちなみにですが、海外で入院した場合はどうなるのかも考えておきましょう。
海外で治療のために入院をした場合でも、医療保険の対象となるそうです。
ただし、保障されるのは日本の医療法に基づいている病院であったり、保険会社が認めている医療施設での治療のみとなります。
また、給付金の請求をするにしても現地の診断書が必要となるので、少しハードルが高いかもしれません。


LIFULL保険相談



関連記事

  1. 差額ベッド代は保険でまかなえる?

  2. 三大疾病入院一時金特約とは?

  3. 医療保険の契約概要は良く読んでおこう

  4. 重粒子線がん治療の認知と理解

  5. 診断給付金はどのような病気でも適用されるか

  6. 入院中に保険期間が終了したら、入院給付金の受け取りは出来ませんか?

PAGE TOP