LIFULL保険相談



収入保障保険の支給条件

収入保障保険とは、被保険者が死亡した場合に、遺族に対して保険適用期間が終了するまで毎月か、もしくは一時金として保険金が支給される保険です。

掛け捨てタイプのものが多く、保険料も割安であることが大きな魅力です。ここでは、収入保障保険の支給条件や、詳しい内容についてご紹介したいと思います。

収入保障保険の支給条件や保険料につい

収入保障保険は、安い保険料ながらも大きな死亡保障がある生命保険の一つです。遺族の生活保障のための保険としては、非常に効率的な生命保険であるとして、注目されているのが収入保障保険です。収入保障保険の支給条件は、死亡、高度障害の状態になった場合と、とてもシンプルです。

  • 入院や手術、がんや三大疾病の保障も特約として付帯することも出来ます。収入保障保険という名称が付いているのは、保険金が毎月、お給料のように支払われるからです。
    保険会社から、保険金が毎月、年金のようにして遺族に振り込まれます。収入保障保険の大きなメリットは、保険料が安いことです。

また、決められた期間、毎月保険料が支払われるので、保険開始からまもなく被保険者が亡くなった場合には、保険期間満了までの期間も長いので、それだけ多くの保険金を受け取ることが出来ます。

反対に、保険期間満了間近に被保険者が亡くなった場合には、受け取る期間も短いので、その分受け取る保険金総額も少なくなります。

収入保障保険は、こんな人におすすめ

保険料が安くて高額な死亡保障があること、そして、保険金をまとめて受け取らないので、すぐに使い果たしてしまう心配がないことが収入保障保険の特徴ですが、そのような特徴があることから、収入保障保険はこんな人におすすめです。

まず、小さなお子さんがいて、貯蓄がない家庭です。このようなタイプの家庭では、大黒柱が亡くなった場合、生活が非常に厳しくなりますから、何かしらの保険が必要です。奥さんが外で働きに出るとしても、経済的に厳しい状態をすぐに回避することは難しいので、安い保険料で加入できて、万が一の際には毎月保険が受け取れる収入保障保険はぴったりです。

また、住宅を購入するなどして、現在貯蓄がない家庭にもおすすめです。収入保障保険は保障が徐々に減っていく保険ですが、その期間に少しずつ貯蓄を増やすことが出来ます。保険料の安い収入保障保険なら、万が一の備えを貯蓄に回すことができるので、とても合理的です。


LIFULL保険相談



関連記事

  1. 保険料の払い込み期間は、どのような考え方で決めたら良いですか?

  2. 医療保険でがん・ケガについても保障されますか?

  3. 保険の相談はソーシャルワーカーへ

  4. 相互会社の保険は相互保険?

  5. ソルベンシー・マージンの比率と比較

  6. 告知書に虚偽の内容をを記入したらどうなりますか?

PAGE TOP