LIFULL保険相談



がん保険と女性特定疾病を重視した医療保険の違いを教えて下さい。

高齢の女性が医療保険に入る場合に迷うところは、ガン保険にするか、それとも女性特定医療保険にするかといったところでしょう。
高齢女性にとって不安なのはガンだから、ガン保険がいいと単純に考えてしまいますが、しかし女性特定医療保険の保障の中にも数種類のガンが含まれているのです。
果たして、高齢女性はどちらに加入したらいいのでしょうか。

経済的負担から考えると

保障内容の詳細はともかく、まずは経済的負担がどうなるかという観点で考えてみましょう。
これについては、はっきりとガン保険に入ったほうが経済的負担は軽くなります。

これは普通の医療保険と比べてということですが、普通の医療保険には入院日数に限度があるのに対し、ガン保険には入院日数の限度がありません。

したがって、60日でも100日でも、どれだけ入院しても必ず入院給付を受けることができます。
そして、一般の医療保険と違ってガン保険はガンによる入院だけが対象なので、保険料も当然割安になります。
一方で医療費としての出費を考える場合、もし発症した場合、出費が多くなるのは入退院を繰り返すガンです。
それを考えると、ガンに対する保険的な備えはしっかりしておかなければなりません。
それを比較的安い費用で行う方法となると、ガン保険がいいということになるわけです。

体質から考えるとどうなるか?

どちらの保険に入るべきか、これは自らの体質から考えることもできます。
もし、体質的にガンより通常の病気にかかる可能性が高い、それも頻繁な入院が必要になる疾病にかかりやすいのであれば、ガン保険ではなく女性特定医療保険に加入したほうがいいかもしれません。
女性特定医療保険であれば、一般の病気での入院を保障しつつ、ガンについても一定範囲を保障することができます。
ガン保険に比べて料金は割高ですが、体質的にガンになる確率が低い場合は、こちらを選ぶのも一つの方法です。

しかし一方、体質的にガンになりやすいことが明らかであれば、ガン保険を優先させたほうがいいでしょう。
特にガン家系に生まれた場合はそうなる確率が高いので、ガン保険に入ることを真剣に考えたほうがいいといえます。

また、ガンの中にも女性特有のガンがあるので、それをカバーするために女性向け医療保険に入るという選択肢もあります。
いずれにしても、自分の体質や遺伝を考慮しながらふさわしい保険に入るというのはよいことです。

なお女性向け医療保険では、普通の医療保険よりも保障が手厚くなっています。


LIFULL保険相談



関連記事

  1. 上皮内新生物はガンではないのか?

  2. 高額療養費の申請方法

  3. 引き落とし口座の残高不足で保険料未納でも、保障はされますか?

  4. 入院給付金に税金の課税対象になりますか?

  5. 公的医療保険対象の手術とは?

  6. 混合診療とは?

PAGE TOP