LIFULL保険相談



がん保障特約とは?

医療保険に入ろうと思ったとき、入院給付金や手術給付金がまずついていればいいと思うでしょうか。
ではもしもがんと診断された場合、入院給付金や手術給付金にプラスαの保険金が加算されるとしたらどうでしょうか。
それががん保障特約の特徴なのですが、今求められるがん保障特約の特徴と選び方について見てみましょう。

がん保障特約とは?

通常医療保険だけを選ぶとがん以外の病気であってもがんであっても、入院給付金は日額かける入院日数分が、手術給付金は手術内容に応じた金額が給付されます。

しかしがんは入院日数が長引くばかりではなく、手術や抗がん剤治療など、治療にも金がかかるものです。
がんは日本人の死因トップ3に入るほど罹患率が高い病気ですから、現在はがん保険もたくさん登場しています。

しかしがん保険単体では他の病気は保障されませんし、医療保険と2つかければその分保険料は高くなってしまいます。

  • そこでがんと診断されたときに一時金や入院給付金などが加算されるがん保障特約を医療保険につけることで保険料を抑えながらがんも保障されるようになるのです。

  • がん保障特約の選び方

    ではがん保障特約はどのように選べばいいのかというと、まず種類別に選ぶ方法があります。

    がん保障特約は診断給付金と言ったように診断一時金が支払われるもの、入院日額が加算されるものがあります。
    一時金が給付される特約ではがんと診断されるとすぐに保険金の給付を受けることができますからこれからかかるお金を考えれば大変ありがたいものです。
    入院日額の場合は自由診療で何百万と治療費が必要となったときに助かるものだと思っていいでしょう。

    それから補償範囲および給付回数でがん保障特約を選ぶ方法があります。
    がん保障特約には給付条件があるのですが、進行する確率の低い上皮内新生物が補償の範囲となるかどうかでも選び方は変わってきます。
    保障されても悪性新生物の補償額の10分の1など保険金額が安くなることもあります。

    さらに給付回数もチェックしておきたいのですが、保険会社によっては1回だけの給付としているところがあります。
    がんは5年生存率という言葉もありますから、再発する恐れがまったくないわけではありません。

    悪性新生物と診断され、一度完治したものの、また再発しては給付回数1回となってはもう保険金を受け取ることはできません。

    • もちろん無制限と言う保険会社もありますので、最終的には保険料と保険にかけられる家計への負担を考えてがん保障特約を選んでいくといいでしょう。


    • LIFULL保険相談



関連記事

  1. 給付金受取人にまつわる基礎知識と注意点

  2. 長期入院特約とは?

  3. 検査入院でも入院給付金はもらえますか?

  4. 特約とは?

  5. 入院日額5,000円が医療保険加入の標準と聞きましたが、本当にそれで足…

  6. 保険料を前納しておくと後で楽が出来る?

PAGE TOP