生命保険の団体扱はお得? | 医療保険の超初心者ガイド









生命保険の団体扱はお得?

生命保険は個人で加入するタイプだけではなく団体扱になるタイプもあります。よく団体扱はお得と言われますが、個人で加入するタイプとどのように違い、なにがお得なのでしょうか。

団体扱の具体的な内容

生命保険の団体扱は一つの企業が団体で加入する保険や住宅ローンなどを組んだときに顧客がまとまって入る保険のことです。

もっとも身近なのは会社がまとまってはいる団体扱保険かもしれませんが、保険料を積み立て、退職するときの退職金の一部としたり、勤務中に亡くなった場合は死亡保険金として支払うものです。

どちらにしろ年数が経てば退職金あるいは同額の死亡保険金が給付されますので加入者には大きなメリットとなります。住宅ローンの場合も同様で、万が一契約者死亡となった場合、ローンを完済できる生命保険になります。

ただし団体であれば何人でも良いのかというとそうではなく、保険会社によって違いはあるものの最低加入人数を20人以上、30人以上と決められています。

また会社をすでに退職した方、会社ではなくサークルなどで加入することもあり、団体に属していなくても保険料の割引を受けられるメリットがあります。ただし一般的な相談窓口とは連絡先が異なりますので、もしものことがあったときは注意が必要です。

実際の生命保険団体扱は?

実際に保険会社が取り扱う団体扱を見てみると、会社が負担することなく福利厚生を充実することができるとあります。ある保険会社は10人以上が加入することで保険料を団体扱で割引し、さらに20人、30人と加入者数が増えるたびに保険料はさらに安くなるとしています。

保険料は給料から天引きされますし、年末調整時の生命保険料控除手続きも簡単に済ませることができます。

このように、生命保険の団体扱は保障は一般の生命保険と同じながらも、保険料が安くなる、年末調整のときに会社に提出する書類が少なくなるといった特徴があります。つまり、生命保険の団体扱は企業側にも加入者側にもお得だと言えるのです。