LIFULL保険相談



どのような場合に祝い金が受け取れるか?保険の祝いの種類

医療保険のパンフレットなどを見ていると、お祝い金という項目を見ることがあります。このお祝い金というのは契約年数に応じてもらうことができるお金のことなのですが、もちろん設定しているプランと設定されていないプランがあります。では保険のお祝い金とはどのような制度で、どのような特徴があるのでしょうか。

保険のお祝い金とは

保険のお祝い金は医療保険だけではなく、学資保険などにもある制度で、一定の期間が経過すると保険会社に申請することでもらうことができる一時金のことです。

たとえば契約から10年契約し続けたらもらえる生存給付金、無事故で保険契約を続けたらもらえるお祝い金などがあります。お祝い金には金額が多いタイプもあるのですが、5年生存していれば15万円もらえるなど宣伝しているような保険の場合、保険料は割高です。掛け捨てではありませんから支払った分の保険料が戻ってくると考えれば臨時収入として受け取ることで生活が助かると言う面もあります。

お祝い金付保険のメリット、デメリット

ではお祝い金がある保険にはどのようなメリットがあるかというと、やはり定期的にまとまったお金を受け取ることができることです。お祝い金付の保険には支払った保険料の総額よりも受け取ることができるお金の方が大きいタイプもありますが、実際の商品はほとんどが支払った保険料の総額よりも少ないタイプです。

そのためデメリットのように感じられるかもしれませんし、事実保険料は掛け捨てタイプよりも高いのですが、お金を受け取ることができるというのはメリットとなりますから、どちらがよりあなたにぴったりか考えることが大切です。

  • お祝い金付の保険はよほどのことがない限り保険料を支払うために別に貯金していた分を崩すと言うこともありません。ですから貯金できないと言う方にはメリットが大きい保険ですが、満期まで支払うことができないと言う場合はデメリットの方が大きくなることもあります。お祝い金をもらうことができるのは数年置きに定期的にか、満期を迎えたときに1度だけかなどきちんとチェックしてから選ぶようにしましょう。

LIFULL保険相談



関連記事

  1. 収支相等の原則と保険の関係

  2. 自動振替貸付の手続きの仕方

  3. がん保障特約とは?

  4. 保険料の減額はどのような場合に適用される?

  5. 医療保険と所得補償保険の違いを教えて下さい。

  6. 更新をすると、通算支払限度日数はどうなりますか?

PAGE TOP