LIFULL保険相談



子宮筋腫や乳がん等の女性特有の病気を手厚く保障してくれる保険を教えて下さい。

女性が医療保険に入るなら、女性向け保険がよいといわれています。
その理由は、女性向け保険なら、女性特有の疾病を広くカバーできるからです。
これは確かにその通りですが、一方でメリットとデメリットがあるのも事実です。
したがって今回は女性保険の特徴やメリットとデメリットについて、さらに、どのように保険商品を選べばいいかについて考えていきます。

女性に手厚い保険とは

そもそも女性保険とは何かといえば、女性に手厚い保障を行う医療保険のことです。
もっと厳密にいえば、女性特有の病気を広くカバーできる保険ということもできます。
一般の医療保険でもある程度のカバーはできますが、女性向け保険ならさらに保障範囲を女性向けに限定できるということです。

おすすめは全ての女性の方ですが、特に20代~50代がターゲットになるでしょう。
女性保険では女性が気になる病気はしっかり保障に入ってるので、働き盛りであっても安心して過ごすことができるでしょう。
女性向け保険は、女性特有の病気を保障しているので、乳がん、子宮がん、子宮筋腫などを保障しています。
しかし、保障できる範囲はこれだけにとどまりません。

実は女性特有の病気以外のことでも保険金を受け取ることが可能で、例えば入院することで入院給付金を受け取ることもできます。

さらに保険商品によっては、入院の有無に関係なくボーナスがもらえる場合もありますし、3、5年など、数年おきにボーナスがもらえるタイプもあるのです。

女性向け保険のデメリットは?

女性向け保険はメリットが多いといえますが、少なからずデメリットもあるので、そちらも見ておきましょう。
例えば、女性特有の病気に対する保障を手厚く充実させている分、保険料は高めになることがほとんどです。
これは普通に保険料負担が重くなることを意味するので、家計にとってはデメリットになります。

また、手厚い保障があると思わせているだけのサービスもあります。
例えば、ずっと健康を維持することができれば、数年ごとにいくらかがもらえるといったサービスです。
これは一見嬉しいサービスですが、でも受け取るお金は、自分があらかじめ支払った保険料の中に含まれていることがほとんどです。

さらに、女性特有の病気への保障を充実させながら、一方で男女に関わりなく可能性の高いがん(大腸がん)などをカバーしていないということもあります。

こうしたデメリットや注意点も少なからずあるので、加入前によく保障内容を確認してから入るようにしましょう。


LIFULL保険相談



関連記事

  1. 増加している緩和ケア施設への転居と現状

  2. 家族構成の変化による型変更について

  3. 悪性新生物とは?

  4. 女性特定疾病特約とは?

  5. 持病があっても医療保険に加入できますか?

  6. 災害入院給付金とは?

PAGE TOP