LIFULL保険相談



ジェネリック医薬品のメリット・デメリット

かなり浸透してきたジェネリック医薬品ですが、「同じ効き目があって安い」などというような何となくのイメージしか持っていない方が多いのではないでしょうか。ここではジェネリック医薬品を利用することのメリットとデメリットなどを中心に詳しくご紹介したいと思います。

ジェネリック医薬品のメリット・デメリット

そもそもジェネリック医薬品とは、どんなものなのでしょう。ある特定のメーカーが、最初に開発をして承認されて、発売された、全く新しい薬効成分を含む薬のことを新薬=先発医薬品と言います。

新薬の開発には、非常に長い研究期間と莫大なコストがかけられています。新薬を手がけることができるのは、大手の医薬品メーカーがほとんどで、その医薬品の構造や製造方法などは特許権が取得できます。特許期間は20年で、この期間はその薬の製造・販売が独占できます。

この新薬の特許が切れたあと、他の医薬品メーカーが、その薬を製造、販売したものをジェネリック医薬品と言います。

ジェネリック医薬品の一番のメリットは、価格が安いことです、ジェネリック医薬品のメーカーは、どこも先発医薬品とは変わらない効き目と安さをアピールしています。

また、大きなカプセル入りなどの飲みにくい剤形の先発医薬品でも、ジェネリック医薬品は飲みやすい剤形になるなど、大きさや飲みやすさが工夫されていることも、メリットです。

しかし、先発医薬品と主成分は同じであるものの、新薬とジェネリック医薬品とでは添加物などが違うので、全く同じものとは言えません。例えば薬を覆うコーティングでも、見た目は同じですが、コーティング方法が違うために薬が溶ける時間や主成分の分解率などに違いが出ます。ジェネリック医薬品の試験には、安全性の試験がないために、一部では品質も問題視されています。

ジェネリック医薬品でも同じ成分で同じ効き目なの!?

ジェネリック医薬品のデメリットでも説明したように、ジェネリック医薬品と先発医薬品は、主成分が同じですが、それ以外の製造方法などが違います。新薬の特許には、新しい物質に与えられる物質特許や、新しい効能に与えられる用途特許がありますが、他にも製法特許や、薬を製剤するための新しい工夫に対しての製剤特許などもあります。

主成分に関しての特許が切れても、製造特許や製剤特許が切れていない場合もあるので、薬のコーティングに使用される添加物などが同じにできないことがあります。薬が吸収される速度や、有効成分の分解される状態が違ってくるので、薬の効き目が大きく変わってしまう可能性もあります。

先発医薬品とジェネリック医薬品では、全く同じ効き目を期待することは、厳密には言えません。


LIFULL保険相談



関連記事

  1. 医療保険に加入できない主な原因を教えて下さい。

  2. クーリング・オフ制度が使える期間は?

  3. 妊娠中の妊婦でも医療保険に加入できますか?

  4. 医療保険の指定代理人請求

  5. 複数の手術を同時に受けた場合、手術給付金は2回分もらえますか?

  6. 保険金の支払事由の発生日はいつ?

PAGE TOP