LIFULL保険相談



自由診療(保険外診療)とは?

病院の診療には自由診療と保険診療があるのですが、保険診療はその名のとおり健康保険を使って3割負担で受けられる診療のことを言います。
一方の自由診療はいわゆる保険外診療のことで、全額自己負担となりますが、自由診療にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

自由診療っていったい何?

  • 自由診療は厚生労働省の認可が下りていない治療を受ける、薬を服用することで治療費を全額自己負担するものです。

  • 中でもがん治療ではいまだに承認されていない抗がん剤もあり、使用すれば保険が適用されないため非常に高額な医療費がかかります。

    実はガン医療は日々進歩を見せており、新しい抗がん剤が海外でどんどん認可されていっているのですが、日本ではいまだに未承認と言う薬がたくさんあります。
    そのためインターネットなどから情報を得た患者が試してみたい、あるいは医師から効果があるかもしれないと提案されて自由診療の範囲で遣うことがあるのです。

    • では未承認の薬を使った場合、どこまでが自己負担となるのかと言うと、実は抗がん剤だけではなく、がん治療すべてが自己負担となってしまいます。

    • 自由診療と医療保険の違いで知っておくべきこと

      では非常に高い治療費を負担しなければならない自由診療の費用は、医療保険でカバーされないのかと言うと、実は保険会社の多くは自由診療もカバーしてくれます。
      自由診療だけの契約を取り扱っている保険会社もあるほどで、今自由診療まで選択肢の幅を広げることの意味が問われているのです。

      がん患者の中で自由診療を選択した人の治療費の実例を見てみると、大腸がんにかかった40代男性およそ2700万円、胆管ガンにかかった40代男性はおよそ1600万円、胃がんにかかった50代男性はおよそ1800万円、急性骨髄性白血病にかかった30代男性はおよそ3500万円となっています。
      これらをすべてまかなうのは非常に困難なことですから、厚生労働省で認められた治療だけしか選択することができないと言う人が非常に多くなります。

      また現在は先進医療と呼ばれる重粒子線治療や陽子線治療などをカバーする保険もありますから、医療保険の幅はニーズに合わせて広がっていると言えるでしょう。

      自由診療は全額自己負担しなければならないと言うデメリットはありますが、自由診療を保険の範囲内としている医療保険に加入していればほぼ全額がカバーできると言うメリットもあるのです。

      また保険会社の中にはガンと診断された時点で保険金を支払う一時金を設けている場合もありますから、どんな医療保険を選ぶかは、自由診療まで治療の選択肢を広げるかどうか考えてみることがポイントと言えるでしょう。


      LIFULL保険相談



関連記事

  1. 医療保険でも契約者貸付は利用出来る?

  2. 日帰り入院の場合でも入院給付金はもらえますか?

  3. 指定代理請求特約とは?

  4. 通院だけのがん治療を保障してくれる保険を教えてください。

  5. 入院中に保険期間が終了したら、入院給付金の受け取りは出来ませんか?

  6. 保険会社が破綻したとしたら、その契約はどうなりますか?

PAGE TOP