LIFULL保険相談



自由診療には保険が効かない?

医療費には、健康保険が効くものと、効かないものがあります。保険が効かないものを自由診療と言います。

厚生労働省が承認していない治療や薬を使用すると自由診療となり、治療費も全額自己負担となります。自由診療と、保険が効く保険診療との違いや、自由診療のメリットやデメリットをご紹介します。

保険が効かない自由診療とは

保険が効かない自由診療は、厚生労働省からの承認がない治療、薬を使用した場合に対象となります。保険が効かないので治療費が全額自己負担となりますので、治療費も高額になります。

特にがんの治療では、未承認の抗がん剤を使用した場合、他のすべての治療も保険適用外になるので、全額自己負担となります。がん治療では、未承認の抗がん剤などの自由診療の治療も多く、海外では承認されていて実績がある抗がん剤も、日本では承認されないことも多くあります。日本では抗がん剤の承認に時間が非常に長くかかるようです。

保険診療の場合には、健康保険が適用されるので自己負担額は通常3割で、高額療養費制度によって、ひと月の医療費が高額になった場合でも、上限から超えた部分の払い戻しを受けることが出来ます。

しかし、自由診療の場合には、健康保険が適用されないので全額自己負担となります。また、自由診療を選んだ場合、本来であれば健康保険が適用される治療も全て含めて全額自己負担となります。自由診療になるのは、先進医療と言われているものや、健康上の理由以外で行われている美容整形などです。

自由診療のメリットとデメリット

自由診療のメリットは、病院側としては、自由に料金が設定することができるので利益が上げやすいことです。

また、金額に見合う治療環境や医療技術が提供されるので、医療の質が高まることも期待出来ます。医師から自分に最適な治療方法を提案してもらったり、納得出来る治療が受けられるのも自由診療のメリットです。

  • それぞれ個人の体質や、病気の状態に応じたきめ細かい治療は、保険診療では難しいことが多く、自由診療であればそれが可能になります。自由診療のデメリットは、やはり治療費が高額になることで、医療格差が生まれることです。

LIFULL保険相談



関連記事

  1. どのような場合に祝い金が受け取れるか?保険の祝いの種類

  2. 三大疾病とは?

  3. 上皮内癌・上皮内新生物とは?

  4. 契約者変更の手続きに必要な事について

  5. 終身保険は一生保険料を支払う?

  6. 「通院」と「日帰り入院」の違いは何ですか?

PAGE TOP