LIFULL保険相談



入院給付金は海外で入院した場合でも保障されますか?

医療保険は通常の場合、日本国内での治療が対象となります。
しかし、海外へビジネスで出かけることが多い人であれば、日本国内だけではなく海外で病気や怪我をしてしまうことも少なくありません。
そこで医療保険に加入していると、海外で入院した場合でも給付金を請求できるのかどうか、考えてみましょう。

医療保険は海外の入院にも適用される?

医療保険では海外で入院をした場合でも保障の対象としていることが多いです。
ただし、日本国内のようにどこの病院でも良いという訳ではありません。

日本国内における医療法で定められている病院、もしくは患者を収容するための施設を有する診療所と同等であると判断されることが前提です。

保険会社で認められない医療施設での入院は、保障の対象外となりますので覚えておくと良いでしょう。

ちなみに海外から直接的に給付金を請求することも可能です。
原則として、入院給付金を請求するのであれば現地での請求書類であったり、入院証明書が必要となってきます。
診断書にしても同じことが言えるので、書類を集めるのも面倒なことが多いでしょう。
特に治療をした後、日本に帰ってきてから書類を取り寄せるともなってくると、かなり面倒な手続きを踏まなければいけません。
そこで海外で入院をして給付金を請求したいと考えるのなら、帰国前に必要な書類を調べておき、入院をしていた施設にて証明書を書いてもらった方が良いでしょう。

このことから、海外に行くというのなら、契約をしている保険会社のサービスセンターの電話番号をメモしておくと便利です。

近年では保険会社によっては、インターネットから海外用の英字証明書類をダウンロードできるようになっていることもあるので、事前にある程度は調べておくと安心できるでしょう。

海外の入院給付金を請求するには?

基本的に海外で入院した場合の給付金請求方法としては3つあります。
海外から本人が直接請求するもの、帰国後に本人が請求するもの、日本国内に在住している家族などに代理人として請求をしてもらう方法です。
この請求方法に王子て、委任通知書などを用意しなくてはいけないので、その点も事前に調べておくと、万が一の時にはスムーズに話が進むでしょう。
ただし、海外の医療制度というのは日本とは大きく異なることが多いので、専門的な保険に加入しておくのもお勧めです。
旅行会社などでも加入を勧められることも多いでしょうが、インターネットでも簡単に検索をして加入できますので、こちらも調べておきましょう。


LIFULL保険相談



関連記事

  1. 医療保険に入るともらえるご契約のしおりで読んでおきたい事

  2. がん保険と女性特定疾病を重視した医療保険の違いを教えて下さい。

  3. 終身保険と定期保険の違いは?

  4. 5年ごと利差配当付保険は医療保険にもあるか

  5. 給付金受取人にまつわる基礎知識と注意点

  6. 保険料の支払いが免除になるのは、どのような場合ですか?

PAGE TOP