LIFULL保険相談



女性特定疾病特約とは?

女性が医療保険を選ぶときにぜひ知っておいて欲しいのが女性特定疾病特約です。
女性特定疾病特約はその名のとおり、女性特有の病気にかかって入院、手術したときなどに保険金が支払われるものですが、どのような特徴があるのでしょうか。

一般的な女性特定疾病特約とは

女性と男性では体の構造も違いますから、女性だけがかかる病気、女性に多い病気も存在します。

女性特定疾病特約を医療保険に付帯しておくと、女性特有の疾病で入院、手術したときに通常の給付金に上乗せされた金額が保険金として支給されます。

たとえば主契約の入院給付日額が10000円とし、女性特定疾病特約の入院給付日額が5000円とした場合、女性特有の疾病で入院した場合1日あたりの入院給付金は15000円となるということです。
ここでいう女性特有の病気とは、子宮や乳房に起こる病気だけではありません。

ガンであれば子宮がんや乳がん、肺がん、胃がん、直腸がんや大腸がん、骨肉腫や白血病が、良性新生物では子宮筋腫、乳房や卵巣の良性新生物、他にも子宮内膜症やチョコレートのう胞にネフローゼ、尿管結石や膀胱炎、腎不全に胆石、胆嚢障害に甲状腺腫、鉄欠乏性貧血、リウマチなどが対象となりますので、非常にその範囲は幅広いと言えるでしょう。

女性特定疾病特約のメリットとデメリット

もちろん女性特定疾病特約にはメリットとデメリットがありますので、加入を検討するうえで覚えておくといいでしょう。
メリットは何かと言うと、女性特有の保障を手厚くすることで、万が一の事態に備えることができると言うことです。
保険会社の中には乳房再生手術への保険金を支払うところもありますし、主契約の保障範囲を広げるよりも保険料が安くなることもあります。

  • ではデメリットは何かと言うと、特約の中でも主契約に準ずる内容であるため保険料が高くなりやすく、対象外の病気は給付金が上乗せされないということです。

  • また保険会社の中には手術の給付金は上乗せされないと言う場合もありますから、どの保険が自分にとってメリットが大きいのか十分比べてみる必要があります。
    しかし女性特有の病気罹患率は年々上昇しており、子宮筋腫や子宮内膜症に悩む女性は非常に多いです。
    また女性の死因上位には乳がんも含まれていますので、女性特定疾病特約をないがしろにして考えることは決してできません。
    女性だからこそ女性特有の疾病に悩むのですから、万が一のときに備えておくことは悪いことではありません。
    資料やパンフレットを取り寄せて比べてみたり、保険アドバイザーなどに相談してみてもいいでしょう。


    LIFULL保険相談



関連記事

  1. 入院中に保険期間が終了したら、入院給付金の受け取りは出来ませんか?

  2. 医療保険の加入に必要な告知書とは

  3. 3大疾病保険のメリット・デメリット

  4. 審査と診査の違いとは

  5. 一時払いは月払い・年払いよりもお得?

  6. 治療中の病気がある場合は医療保険に加入できませんか?

PAGE TOP